スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつでも花が

おはようございます!
本日もトムの箱庭へようこそおいでくださいました♪

猛暑は27日までがピークだったそうで、しばらくは少しトーンダウンするようだとか。
確かに、ここ数日は朝晩の風に涼しさが感じられて、お風呂あがりにクーラーをつけなくても大丈夫…
今のうちに気力体力の回復につとめなくっちゃ!


さて、せいぜい6㎡ほどの、トムの箱庭(地植え部分)。
「一年のいつでも、どこかで花が咲いている」庭にしたいと思い、試行錯誤中でございますが、やはり梅雨時~夏~初秋にかけての上手な切り替え・管理が難しいですね。
おしゃれで、シックで、さりげなく美しい…そんな理想の庭にたどりつくまで、何年かかるのでしょうか そもそも「たどりつける」のか…?

大雑把なうえ、お世話もあまり行き届かないトムが、育ててみて「これはイイ…!」と実感しましたのは、こちら。



「アズーロコンパクト」です。
昨年、今年と色違いでお迎えしましたが、どちらにしても色、世話のしやすさ(花がら摘みが不要で、満開を過ぎたら全体を切り戻せばいい)、花期の長さ(春~そのつど切り戻せば初秋まで咲く)…すばらしい!!!



澄んだブルーの小花がふんわり広がって、やさしい雰囲気になります。
ちなみに植えつけ時(3月末)はこんな感じでした。



病害虫の心配もなくて、トム的にはまさにパーフェクトッ
来年はオトナ買いして青い花畑にしちゃる!と燃えております


その足元では、ジニアプロフュージョン「アプリコット」が。



植えつけ時はこちら。



植えたのが6月末だったので、現在1ヶ月が経過したわけですが、周囲のディコンドラと完全になじみました。
花と花の間隔が開いてきてしまいましたが、このほうがナチュラルですかね





花の色は濃淡が出てきて、薄いグリーンのふちどりが出ているものもあったり。



朝の光が入って褪せたような写真になっておりますが 、7月末のトムの箱庭の一風景でございます。


ところで、晩夏~秋の重要な構成員として期待されているこのトリオ…



ダリア「黒蝶」「ストロベリークリーム」「マルコムズホワイト」。
一回摘心して脇芽が伸びたのですが、そこからの発育がほとんどありません



花芽らしきものは気配もなし…。時季的には、まだいいのかなあ。
バッタにやられまくってはいますが、咲けないほど体力が落ちているようにも見えず。
育て方を見ると、「伸びてきたら支柱を添えて折れないようにする」とあるのですが、茎もしっかりしてるし、支柱の必要を感じない背丈なんですよね。
果たしてこのヒトたちはちゃんと咲いてくれるのか!?
乞うご期待!





応援、ありがとうございます♪
みなさまのおかげでがんばれます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。