スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただ哀悼を



この秋初めて、本来の深い美しさを見せて咲いてくれたフランシスデュブリュイ。
しかしこのバラの生まれ故郷での、悲しく衝撃的な多発テロのニュース…。


GoogleやAmazonでの半旗掲揚やFacebookでのトリコロールアイコンへの変更が続けて行われましたね。
そのことについて、「テロや戦争で大勢が亡くなっているのはフランスだけではない。フランスでの惨事についてのみこのようなことが行われるのは無意識下の差別であり、この波に乗ることがテロが生まれる土壌にもなりかねない、それを意識する必要がある」という意見を読みました。
そうか、そういう考え方もあるのだな、と。

トム自身は、今回弔意を示した人たちの多くは、フランスだから、パリだから、ということではなく、この事件を通して全世界で止むことのない暴力の連鎖に改めて思いを馳せ、もうこれ以上悲しいことはやめようよ、という気持ちだったのではないかと思います。

そして、テロの背景、どうしたら連鎖を止めることができるのかについて、断続的にでも、まとまらないながらでも考えながら、自分の置かれた環境でまっとうに精いっぱい生きる…それができることのすべてじゃないかな、と思うわけです。


物事というのは必ず多面的にとらえられるものですし、その各意見を拒否することなく、「あっちもアリだけど、こっちもアリだ」と受け入れる…それが平和への道なのでしょうね。




トムとオットがテロについて話をしていたら、娘がとても怯えてしまいました。
戦争と平和については少しずつ子供と理解を深めていかなくてはいけないと思いますが、まずは母として、笑顔で平常運転なのが大切だろうと、いつも通りスケートの練習もしています。






にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。