スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンブリッジ、秋のメモリー

みなさま、こんにちは!
雨で暖かかった何日かが終わって、晴れて寒い、冬っぽい日がやってきましたね。

晩秋の箱庭で、あたたかみのある美しさを見せてくれているアンブリッジ。
経過を追ってみます。

<10月22日>


夏以降の出足が遅かったけれど、肌寒いくらいの日が続くようになってから芽吹きだし、一番高い枝の先に蕾が。

<11月2日>


雨の中、主蕾が開花。
ふっくら、大輪

<11月6日>


主蕾カット後、側蕾も続々とほころびだす。

<11月9日>


やさしく花弁を広げ始めた三姉妹。
悩殺…

<11月10日>


ぶはっ
美しすぎる!!!
この瞬間のためにこそ、花無き長い時間も耐えてお世話できるってものですな…!

<11月11日>


圧巻です。
鼻をくすぐるミルラ香…ひんやりした朝の空気に混じって、秘密の花園的な雰囲気が漂います


お嬢さんたちがこんなにがんばっていらっしゃるその頃、フランス男子は。




いつぞやの原種系もどきのお姿、フランシスデュブリュイ…。
この前に咲いた花も同じでした。
な、なんか調子悪いの?
ほかの蕾に期待しますが、立派な秋バラ、見られるかしら






応援してくださるみなさまのおかげでがんばれます!
ビギナー・トムの喜怒哀楽に、よろしければ愛のポチを ♪
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

コメント

少女的な雰囲気の

アンブリッジ嬢、秋は淑女的な?
ER の傑作のひとつとの名に恥じぬ
銘花。

ミルラですが、我が家でのミルラは
ウォラトンオールドホール。
ん…(-_-;)いまひとつ!と来ません。
ですが老母は賛辞を惜しみません。

男と女で香り感覚相違が有るのかも。

話題転じて、馬鹿パンサス…
失礼、「アガパンサス」覚えておいでで
しょうか?
赤バラと白バラの地植えの真ん中に
植えたのは1年前だったでしょうか。
青いアガパンサスの風に揺れる
姿は今期も見れず…
まさかホントにオリンピック以上の
年月がかかる?
現在「お前は蘭の葉っぱか!」
状態で艶々しくしております。

確かトム様も手を出されたと
記憶しておりますが、
如何で御座いましょうか?

遅くなりました~m(__)m

リンス様


お返事が遅くなりまして申しわけありません!!!


> アンブリッジ嬢、秋は淑女的な?
> ER の傑作のひとつとの名に恥じぬ
> 銘花。
歴史に残りますね。本当に優秀で美しい。


> ミルラですが、我が家でのミルラは
> ウォラトンオールドホール。
> ん…(-_-;)いまひとつ!と来ません。
> ですが老母は賛辞を惜しみません。
ウォラトン…いいなあ…もっと庭に割く時間ができるなら、ぜひ迎えたいバラです。

> 話題転じて、馬鹿パンサス…
> 失礼、「アガパンサス」覚えておいでで
> しょうか?
もちろんでございます。
我が家でも、うんともすんとも言いませんっ(T_T)
もはや地植えするしかなし。
なんだかなあ…本当に咲くのかなあ…。
咲かないと処分よ!と脅しをかけてみることにします(^_^;)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。