スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日のこと

おはようございます。

3月11日ですね。

まず、あの日失われた命に祈りを捧げます。
そして、まだ落ちつかない生活を、一日一日しのいでいる多くの被災者の方々にも祈りを。

トムにできるのは祈ること、思い出すこと、
復興支援のための買い物をするくらい…。



あの日、トムは長野県松本市に住んでいました。
そのときの事情で、オットは在宅勤務主体のスタイル。
娘は2歳、トムの職場の保育園に通園中でした。
(息子はまだ影も形もなかった)

と言っても、そのとき娘はインフルエンザに罹患中だったので、
オットと自宅にいました。
わたしは職場で仕事中。
揺れが来たときのことは、正直よく覚えていません。
「長く揺れるな、怖いな、どこが震源だろう」
と少し恐怖を感じましたが、
職場内で物的被害がばんばん出るような揺れではありませんでした。

揺れがおさまってから携帯でオットに電話をしましたが、つながらず。
つながるまでにしばらくかかりましたが、数十分くらいだったと思います。



娘はちょうど眠っており、自宅での被害はなかったと報告を受け、
とりあえずまた仕事に戻りました。

そこから連日の津波映像や原発騒動、余震、長野県北方での地震など、
さまざまなことがありましたが、
今、毎日の生活の中で意識することは多くありません。

でも、いつもいつも震災のことを思っているわけではないけれど、
折に触れて考えます。

トムはもう、ヒールの靴は履きません。
それは子らがまだ小さくて動きにくいからというのもあるのですが、
職場から自宅までは18km。
車で通勤していますが、職場で被災したら、車で帰れるとは思えません。
一刻でも早く自宅にたどりつけるように、しっかり歩ける靴を履いています。



そのくらい、そのくらいしかできないんだけれど…。

どうか被災地の方々が、早く安心できる生活を取り戻せますように。

スポンサーサイト

テーマ : 暮らし・生活 - ジャンル : ライフ

コメント

あの日のこと

こんにちは、
お誕生のメッセージありがとうございました
こげ蔵も大喜びでした!!
トムさんも震災では大変な思いをされたんですね
ただただ二度とこのような出来事が無いよう願うだけです
↓今年は減農薬にチャレンジだそうですね
良い成果が出たら、少しだけでもご教授くださいね

こんにちは♪

こげパパ様


おいでくださり、ありがとうございます(^^)

毎年、新年度に向かう頃にこの日があるっていうことに
なんだか深い意味を感じてしまいます。
襟を正し、背筋を伸ばしてまた一年がんばろう…
そういう気持ちになります。
こげ蔵くんも、すこやかに大きくなりますように!

減農薬…この記事、やはりロザリアンの方々の関心が高いようで、
みなさん気になるところなのかなあと思っております。
が、がんばります…!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。