スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぼみ、つぼみ、つぼみ♪

おはようございま~す
みなさまのバラ様たち、ブラインド状況はいかがでしょうかーっ!?


今年は芽が出てきてからけっこう冷えこんだ日があったりしました。
でも、どの程度の影響がありそうなのか、見当もつかない初心者トム・38歳です。

そもそも、早咲き品種以外はようやく葉の展開が本格的になってきたというところですが、いちおう全品種をチェック。



ザ・プリンス様、蕾はっけーん!
王子は早咲きの中の最終グループというか、中間咲きの先頭グループというか、そんな感じの開花記事を見かけます。
開花速度が(トム観測的には)ゆっくりなので、今から蕾がついても咲くまでに時間がかかるかな。

そしてもうひとつ、こちら。



早咲き品種「ヒミツのERちゃん」、箱庭でもっとも新しくお迎えしたバラ。
そう、ジャクリーヌデュプレ様とコラボ予定のバラ…本当はジャクリーヌ様の開花具合を確かめてから買おうと思ってたんですけどね、待てずにお迎えしちゃったんです…
許して! 誰に許しを請うのか
そして咲いたら品種名を明かします! 伏せておく意味は特にありません

ということで、現時点で蕾が確認できているバラ様は、

・フランシスデュブリュイ
・アブラハムダービー
・ザ・プリンス
・ヒミツのERちゃん

の4品種です。

ここで気になるのは、早咲きとされているジャクリーヌ様。
蕾の気配もありません。

おひとりだけ地植えのジャクリーヌ様、もしや寒さの影響がほかより強く出ている…のか…?
いつまで待って切り戻ししたらいいんだろう


ブラインドは出やすい品種と出にくい品種があるとも聞きます。
箱庭で言えば、おそらくデュブリュイ氏は出にくいタイプ。





ほぼどの枝にも蕾アリ。
そんなに咲きたいの!?咲きたいのね!?という勢い。
なんかすごいなあ…照れちゃうなあ…

デュブリュイと同時期に蕾ができてきたダービー卿は、もともと大苗で来たばかりなので枝が少ないですが、その半分くらいにしか蕾が確認できていません。

ヒミツのERちゃんも、3本伸びている枝のうち、1本にしか蕾がありません。
なので、蕾ナシの枝をブラインドと考えて切り戻しました。



こういう処置も、経験からつかんでいくしかないですよね。
基本則はあっても、栽培環境は各家庭それぞれが全部違うと言っていいくらいのものですもんね~。


ブルーガーデンの新しい仲間、カリフォルニアライラック(セアノサス)にもつぼみ♪



温室を片付けましたので、バラ祭りに向けて鉢の配置替えなどちょこちょこやっております。
ああ、早くバラが咲かないかなあ!





応援してくださるみなさまのおかげでがんばれます!
ビギナー・トムの喜怒哀楽に、よろしければ愛のポチを ♪
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。