スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蕾コレクション! -下半期の始まり-

みなさま、こんにちは!
肌寒い雨の日々…最近はもう、温かい飲み物しか欲しくない冷え症のトムです。

こんな気温で雨続きだと、軒下の鉢でも水やりは控えめでいいし、夏よりぐっとラクになったわ~
とおサボりをよろこんで庭の観察を怠っていた数日の間に、蕾ラッシュが!

<レディオブメギンチ>


<フランシスデュブリュイ>


<アンブリッジローズ(挿し木)>


<クイーンオブスウェーデン>


<エブリン>


<ホワイトメイディランド>


<ザ・プリンス>



これだけ多数の品種の蕾がいっぺんに確認できたのは春以来です。
いよいよトムの箱庭でも下半期開始か!
これだけ低い気温が続くと、咲かせちゃってもいいよね~♪という気になりますな。

のっぽさんのあの方も、見上げれば蕾。

<ジュードジオブスキュア>


2m強の位置に数個の蕾です。
…重く咲いてうなだれてくれればいいけど…そしたら「見上げるトムとやさしく見下ろすジュード様 」でロマンチックだけど…どうなるかなあ


デュプレさんはベイサルシュート!



「秋口に出たベイサルは冬までに充実しづらく、寒さで枯れこむことが多い」って聞いたことがあるような、ないような
見守るしかないですけどね~。


息子(3歳)の保育園では先週、小雨が断続的に降る中、なんとか無事に夕涼み会が行われました。



昨年は号泣&棒立ちで、いっさい「アンパンマン音頭」を踊らなかった息子。
今年は?今年は成長してるのか…!?と手に汗握りながら見つめる親の前で、ちゃんとニンニンジャーの歌(「なんじゃモンじゃ!ニンジャ祭り!」)に合わせて踊ってくれました
この躍動感のある写真をご覧ください(親バカ)!


夏も終わり。
新たな季節の訪れを感じつつ、小さなことを味わって暮らす下半期を目指します







応援してくださるみなさまのおかげでがんばれます!
ビギナー・トムの喜怒哀楽に、よろしければ愛のポチを ♪
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

ローズマリー断髪と、伸び続けるジュード卿

みなさま、おはようございます!

猛暑が去って一転、肌寒いくらいの日が続く横浜。
天気はどんより…
バラは過ごしやすそうですけども、そのうちまた病気が出てくるかなあ。

ま、とりあえずは手が付けられるところから始めよう…と、視界に入ったデュブリュイ氏をカット。



だいたい1/3くらいを切りました。
デュブリュイは夏バテ知らず、葉をほとんど落としていないので気兼ねなく切ることができます
とは言っても、いい位置にいい芽がなかったりして、枝によってけっこうバラバラなんですけどね…。


さ、次は…これをいくか…。

<8月3日撮影>


お化けローズマリー
出でよ斬鉄剣!!!



ああ、スッキリ~
樹形はイマイチだけど気にしない!
ローズマリーに覆われて日差しを遮られたためか、手前に植えたロベリアは枯れておりまして…。



跡地に何か植えようっと。

そのあとは、気にかかっていながらも夏前にはできなかったレディオブメギンチの地植えに取りかかりました。



ちゃんと根付いて、秋にいいお顔を見せてくれるかしら?


秋に咲いてほしいのはこちらもそうですが、鉢増ししてから伸び伸び育って今やこんなところに先端があるジュードジオブキュア。



窓の高さから推察するに、30~40cmくらい伸びましたね。

<7月27日撮影>


えーと、つる仕立てにしたいので伸ばさなきゃなんですけど、冬、どうやって誘引しよう…


1日数個の用事をやってもうギブアップ、の容量少なめトムですが、先日無事に誕生日を迎えました。



39歳!
…でも35過ぎたら、気持ち的にはあまり変わらないなあ…40になるとまた違うんでしょうね。
娘が、「ママは(仮面ライダー)マッハが好きだから!」とフィギュアをかざしてくれました
うんうんありがとう、マッハいいよね、マッハ演ってる稲葉友くんとは16歳も違うんだよね…ライダー俳優と親子ほどの差が出てきたんだね…

劇作家/演出家である鴻上尚史さんの「幸福のレッスン」というエッセイに、「35歳以上の人にのみ有効」な助言として、こういうのがあります。

「本当の自分は、今より10歳、年をとっている。だけど『10年前に戻りたい!』と強く念じたら10歳前の自分に戻った、それが今の自分。そう考えたら、なんでもできる気がしませんか?」
(引用ではないので、正しい記述とは違います)

目からウロコというか、肩の荷が下りたというか、心身ともにすごくフットワークが軽くなる考え方だ!と思いました。
人生に勝ち負けはないけれど、強いて言うなら「楽しんだ者勝ち」。
理屈でリミッターを作らずに、1日1日を楽しむつもりで生きてゆきたいと思ったトムなのでした







応援してくださるみなさまのおかげでがんばれます!
ビギナー・トムの喜怒哀楽に、よろしければ愛のポチを ♪
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

久しぶりの美形ER -エブリン、秋の気配-

みなさま、こんにちは~
今朝はびっくりするほど涼しく、夏の終わりを感じたトムです。
オットには「…でも残暑厳しいらしいよ?」と言われちゃいましたけどね…。


庭に出ると、目を引く花が一輪。



エブリン!
夏っぽさはありますが、かなり花形が整ってきています。
香りは弱いですけどさわやかで、心弾む開花になりました

買ったときの6号鉢のままで、夏の間はダンマリだったエブリン。
朝晩の気温の低下にすぐさま反応して新芽が展開しだし、蕾をあげてきました。
ごめん可能な限りすぐ鉢増しするよ…。



スノーシャワーも愛らしく、ほっとする景色。



チュチュは色薄く。
夏にこんな薄い色で咲いたっけ?
なんか足りない?


バラ様たちの中で、今いちばんやる気なのはこちらか…。



フランシスデュブリュイ。
いつ見ても、こっちが気恥ずかしくなるような勢いで伸びてきますな

せっかくみずみずしく伸びてきたところを申し訳ないですが、バッサリいかせていただきますよ!今週にでもね!


この夏は本当にバタバタして、正直言って庭の規模縮小も考えました。
でもやっぱり、折々咲いてくれる花は癒しになり、気持ちに休息と潤いを与えてくれる…。
お世話がいたらなくても、なんとか続けていこうと思っています


昨日は娘とスケート自主練 → ディズニーオンアイス。



アナ雪効果でいつになくチケットの売れ行きがすごかったようですが、ラッキーにも当日券がとれたので。
3年前にも行ったことがありますが、今回はそのときより演出がかなりパワーアップして、見応え十分でした!



娘がいちおうスケーターとして観た感想はどうだったのか?
「プリンセスと王子様をやってる人たちが、もともとはアイスダンスの選手だったのか、ペアの選手だったのかが気になる」
…本筋とは全然関係ないところが気になったようです







応援してくださるみなさまのおかげでがんばれます!
ビギナー・トムの喜怒哀楽に、よろしければ愛のポチを ♪
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

リスタート、一歩ずつ

みなさま、こんにちは
曇りがちで湿気が多いですが、気温は落ちついてバラたちが勢いを出してきました。

スケートリンクがしばらく貸切とショーで使えないため、娘のリンク通いも一段落。
この隙に庭の手入れを…と、本当に少しずつ動き始めたトムです。




枝垂れさせっぱなし、放置しっぱなしでも順調にするすると伸び続ける紅玉。
暑さで取れたスッポンフックを付け直し、雨どいも利用して、再度壁へと固定しました。



ザ・昇竜誘引!
昇竜というかヤマタノオロチ的な?
また少し枝を整理して、なんとか納めています。

ジャクリーヌデュプレは、花を頻繁に咲かせてしまっているためか、伸びは紅玉ほどではありません。



それでも1m強になってきたので、花がら摘み&摘蕾&整枝をしてからフェンスに固定。



けっこう引っ張って固定したので、不自然なビシッと感が拭えません
磔の刑みたいだな…。
ま、まあ時間が経てば馴染むでしょう。
ちゃんとした誘引は冬にまたするわけですし!


あとは少し雑草を抜いたりして、この日の庭仕事は終了。1時間程度です。
ほんっと~うに亀の歩みですが、それでもやっていかないとね

お星さまになってしまいそうな植物に頭を下げつつ…。



セアノサス(カリフォルニアライラック)。
ここ1週間くらいで、全体が急に黄変してきました。
水枯れさせたキオクはなく、むしろ乾きやすいほかの鉢と同等に水やりしていたので、根腐れしたのかな…
ちゃんとした色の葉がほぼないので、今から小さい鉢に植え替えても再生するかどうか。
ごめん、ごめんよ…






応援してくださるみなさまのおかげでがんばれます!
ビギナー・トムの喜怒哀楽に、よろしければ愛のポチを ♪
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

そろそろ夏剪定しようかなー (^^)

みなさま、こんにちは!
1週間ぶりの更新になります

お盆期間は娘の行っている学童が休所になるため、トム夫婦の夏休みもここに合わせて旅行に行ってまいりました。



行先は熱海
最寄りの新横浜から新幹線を利用すれば30分の距離ですが、鉄道オタクの息子のためにわざわざ横浜まで出て「スーパービュー踊り子」に乗り、1時間かけて行きましたのよ…。

「スーパービュー踊り子」は2階建て仕様の車両があり、2階が客席、1階は子供が遊べるスペースになっていました。
娘と息子はこの子供用スペースで最初から最後まで遊びまくり、このまま帰宅してもいいんじゃ…?というくらいの満喫っぷり

<ホテルからの眺め>


<軽便鉄道の車両と記念撮影>



今までは、どこに行っても激混みのお盆期間に休暇は取らず、早めに取ったり9月に取ったりしていたのですが、子供が小学生になるとそういうわけにもいかなくて…
でも、夏休みらしい夏休みになったと言えるかもしれません。


さてさて箱庭の様子。



旅行に出る前に摘んだと思っていたのに、帰宅したら咲いていた挿し木アンブリッジ。
暑さでモウロウとしていたのか…?

夏顔ですが、この色、本当になごみます。



知らぬ間にレディオブメギンチも咲いていました。
耐暑性がすごいと思っていましたが、やっぱり真夏にはこうなるのね~



スノーシャワーは枝垂れて房に。
さわやかでかわいらしい!



ベルガモ、白っぽさを保って開いてきました。
黒星病と虫の食害で葉を落としきった枝からはモリモリ新芽が出てきていて、蕾もちらほら。
強いです



チュチュもベルガモ同様の原因で株元の葉はすっからかんでしたが、やはり新芽が噴き出てきて、わーっと蕾をあげてきました。
ミニバラコンビの強さは目を見張りますね~。


ミニバラだけでなく大バラさんたちも、このところの朝晩の涼しさで息を吹き返した感が。
「今年は春の開花が早かった、だから夏剪定もいつもより早くてもいいのでは」と有島先生がおっしゃっていたので、トムも今年は早めに剪定してみようかと考えております。
この夏は本当に手抜きで庭に申し訳ないことをしましたが、美しい秋に向けて少しずつ準備をしていこうと思います~







応援してくださるみなさまのおかげでがんばれます!
ビギナー・トムの喜怒哀楽に、よろしければ愛のポチを ♪
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

ジュードの異変&「娘の面談(後) その2。」

みなさま、こんにちは!

ここしばらく、朝は比較的涼しい横浜です。
風があって、虫さえ気にしなければ庭仕事もいくらかまとまってできそう。
…イヤ、トムはできないんですけどね…


バラ様にとっても過ごしやすくなってきたのか、アンブリッジの挿し木に久しぶりの蕾。



親株は暑さに参ってしーんとしていますが、こちらは動きが出てきたようです。
少し枝抜きをして秋に備えなければ。

ベルガモには花が!



変形していますけど、色はなかなか。
葉を落としている中、ありがとう、がんばって咲いてくれて


ところで今、気にかかっているのはこちらです。



ジュードさん。
葉のふちや先端から茶色くカサカサになり、それが葉全体に広がってくる…という症状です
水切れだったら葉全体が黄色くなるよなーと。
薬剤は使っておりませぬ。
葉焼け?葉枯病?それともコガネムシの幼虫による根の食害?
うーん、植え替えたとき(7月アタマ)に習い性でオルトラン粒剤を撒いてしまったので、コガネの可能性はないか…。
シュートの葉にはあまり変化がなくて、細い枝の葉に被害が多いです。




レモンゼラニウムは元気そのもの。花もちらほら。
昨年の冬越しは温室でしましたが、もしかして地植えでも大丈夫かも…。
秋になったら庭に下ろそうかしら。



センニチコウ「ストロベリーキャンドル」は、ドライフラワーのような花もちです。
もうずーっとこのまんま!


8月半ばを過ぎると少し時間ができそうなので、植物たちにはなんとかそれまで踏みとどまってほしいです



応援してくださるみなさまのおかげでがんばれます!
ビギナー・トムの喜怒哀楽に、よろしければ愛のポチを ♪
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


以下は、「娘の面談(後) その2。」の記事になります。
読んでくださる方はずずい~と下へどうぞ♪



クラブに入る方向で、ということにとりあえず決まり、あとは一生懸命練習するだけだね!の娘。
今回はコーチとの面談の中で知ったクラブ関連のことを少し…。
具体的に書いて、万一いろんな方面にご迷惑がかかるといけないので、多少ボカすことをお許しくださいませ


そもそも、コーチから面談を打診していただいたのは、「現時点での滑走量が趣味の範疇を越えてきている」からだと思われます。
レッスン量は夏休み前と変わりませんが、自主練は毎日行ってますしね~

面談の際、コーチとしてクラブ加入許可の条件はどういったことなのかをお聞きしたところ…。

①自分でスケート靴が履けること。
②フォア(前向き)、バック(後ろ向き)の滑走とも、周囲を見ながらある程度のスピードが出せること。

というのが最低条件だそうです。
これは各コーチによって違うのかもしれませんし、そのクラブごとに決められた項目があるのかもしれません。

一般営業時間内での滑走だと、滑走方向は1方向に定められていて、逆走は禁止。
しかしクラブ生による貸切の時間帯では、みんなそれぞれに滑り、滑走方向はバラバラです。
なので、トロトロ滑ってほかの子にぶつかるようだと迷惑極まりないわけですね


<コーチ、いつもご指導ありがとうございます>



娘はいちおう条件をクリアしているということで許可してくださるようですが、トムの見るところ、技術面のほかにもコーチとして考慮している部分があるのではないかなー…と。
それは、

①さまざまな面で、選手となった子供をバックアップできる家庭(親)であるか
②子供自身に、真剣に練習に取り組む姿勢ができているか

スケートの練習って、当たり前ですがリンクに行かなければできないんですよね。
水泳がプールに行かないとできないのと同じ。
オフアイス(陸上)のトレーニングも重要ですが、技術を磨くにはとにかく「リンクで」滑らなくてはいけない。

トムはたまたまリンクの近くに家がありますが、遠方から通ってこられる方もたくさんいます。
子供が大きくなればひとりでもリンクに行き来できますが、小さいうちは送り迎えが必要。
もしとても上手くなれば、深夜や早朝の練習も…これは家が近くても送迎しないと危険ですよね。
つまり、すごく手間がかかるわけです~

こうしたことが可能な家庭なのか?ということも、コーチは考えておられるような。


<「イーグル(両足のつま先を180度開いて滑る)」を試して楽しそう>


また、「練習姿勢」については、「リンクに来てもお友達としゃべってばかりであまり練習しない」「レッスン中に、スケートに関係ないおしゃべりをする」などの点を観察されている感じ。
女子は小さいうちからわりと真面目にやる…というか、周りをよく見ているので、コーチの顔色が思わしくないと気づけばおしゃべりをやめます
でも、ちびっこ男子は自由ですから かなり気ままなタイプも。
そうすると、「技術的には可だけどクラブに入るのはまだ早い」と言われたりすることもあるようです。


そして、クラブ生になると練習スタイルとして何が変わるか?という点。
これはクラブ生の中でもコースによって違うのですが、娘が加入した場合に所属する一番下のコース(仮に『ひよこコース』とします )だと、

・週に何日かある貸切日のうち1日だけ、それも夕方の時間帯約1時間のみが使用できるようになる

ということ。
つまり、それほど大きな変化はないようなんです。

まあ、あとはバッジテストを能力に応じて受けることになる、試合に出ることになる、それに向けての練習をする…といった流れ。
これが、『ひよこコース』の上の『ニワトリコース』になると、がくっと負荷が増えるそう。
朝練、夜練が始まるんですね


<片足での滑走も、ようやく上半身が落ちついてきました>


『ニワトリコース』に進級するためには、小学校3~4年くらいでバッジテスト4~5級を持っていないとダメなんだそうです。
ちなみにバッジテスト4級の内容の一部は以下。

------------------------------------------------------
エレメンツ:
1、アクセルジャンプ
 (3級よりレベルアップしたものとして、4級としての質を見る)
2、Dトゥループジャンプ
3、Dサルコウジャンプ
4、Dループジャンプ
5、ジャンプコンビネーション(D+S)
 (ダブルジャンプは、正しくトウがつけているか、踏み切りは正しいか、ランディ
  ングはどうか)
6、女子:レイバック又はサイドウェイズリーニングスピン(5回転以上)
  男子:シットスピンの足換え(5回/5回)
7、任意のフライングスピン
8、ブラケットステップ(ストレートラインでチョクトウとブラケットの組み合わせ)
-------------------------------------------------------

9歳か10歳で、このくらいのことを要求される…ものすごい世界です
しかもこれ、一部ですよ、一部!
ほかにも「セットパターンステップ」「フリープログラム(3分)」の項目があり、全部合格しないと級として認定されないのです。


まあ、簡単に言えば、『ニワトリコース』に到達できる子は才能があるということ。
「スケートの才能」+「努力する才能」、両方です。
どちらが欠けても為しえない。
だから、多くの子は『ひよこコース』の間に選手生活を諦めてクラブを辞める…。

ちなみに『ニワトリコース』のさらに上には『フェニックスコース』があって、ここまで来たら全日本や世界で戦える人材ということみたいです

テレビ放映するような大会は、この『フェニックスコース』レベルの選手しか映らないわけで、スケート人口の本当に一握り。
知識として知ってはいましたが、実際にその段階までのグラデーションを目の当たりにして、ハムスターのように震えるトムなのでした…





応援してくださるみなさまのおかげでがんばれます!
ビギナー・トムの喜怒哀楽に、よろしければ愛のポチを ♪
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

連続開花性3強&「娘の面談(後) その1。」

みなさま、こんにちは!

昨日の朝、水やりで庭に出ると、あら?
いつもより涼しい…
過ごしやすい1日になったりするのかしら~♪

しかしその希望は30分後に粉々になりましたね。
やっぱ暑いわ


トムの箱庭で、連続開花性での3強と言えば。

①アブラハムダービー



前回記事での蕾が咲きました。
そして葉影にまたしても新規の蕾!



まー、いかにトムの目が行き届いてないかってことですよね~

②ジャクリーヌデュプレ



個々の花は傷んでしまったので、退いて撮影。
ちらほらと花がついていますでしょう?
デュプレさんも、気がつくと咲いています。

3番めはザ・プリンスですが、ここのところ頻出なので写真はナシ


しかし今朝の美人さんは、3強品種ではなかった…。



チュチュオプティマ。
蕾の存在にすら気づいていなかったトムを驚かせてくれました
まわりの枝に葉がほとんどないこと(黒星病…)、みなさまご覧の通りですが、そんな中でもけなげな1輪の美。
子供たちにはこんなふうに、環境に左右されず自分の美をひっそりと出してほしい… こじつけです


あ、所構わずマイペースに実力を発揮するこっちでもいいかな。



真夏のビオラ、花数増えてます
しかも、同じ品種のバリエーションなのか違う品種なのかわからないけど、色がそれぞれ…。
ええ、もう好きにやってください。





応援してくださるみなさまのおかげでがんばれます!
ビギナー・トムの喜怒哀楽に、よろしければ愛のポチを ♪
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


以下は、「娘の面談(後) その1。」の記事になります。
読んでくださる方はずずい~と下へどうぞ♪



えーと、コーチとの面談が済みました~。

話としてはやはり今後、趣味でやっていくのか、選手としてやる(クラブに入る)つもりがあるのかということの確認。
それで、結論から申しますと…クラブに入る方向で指導していただくことになりました


親として、娘が希望するならクラブ加入に異存はなかったので(不安はありますが )、娘の気持ち次第だったわけです。
以前の記事でお伝えしたように、娘の中では将来的なことを考えた場合の躊躇があったらしいのですが、

①毎日リンク通いをしていることで、スケートのほうが現実に直結し、具体的なイメージを描きやすくなったこと
②スケート選手の中にも学業との両立を努力し、選手生活をリタイアしたあとにスケート以外の希望進路に進むケースが出てきているのを知ったこと

この2点で心理的なハードルがなくなったようで、
「コーチとお話ししたら、クラブに入りたいなら入れてあげますよって言ってくださったんだけど、どうする…?」
「あー、入る入る!いつから入れるの!?」

前と全然ちゃうやんけ~

うーん…観察していると、スケートにおける「ジャンプ」って、やってる子にとってすごい吸引力をもつものらしい。
必殺技!的な。
わかりやすくてハデなんですよね。
だから、ジャンプを練習し始めてから、「もっとうまく跳べるようになりたい、もっと難しいのを跳んでみたい」という意識が娘に出てきたみたい。
それが本格的にスケートをやることへのモチベーションになったようなんです。


<体幹の強さやバランスを見てもらうトレーニングに参加した娘>


いろんな情報を総合すると、
「2回転までは努力で跳べるけど、3回転は才能がないと跳べない」
「小学生の間に3回転を何種類か跳べるようにならなければ、選手として上位にはいけない」

スポーツ医学の発達や、食生活等による子供の体型変化の影響で、スケート技術の限界というのは年々押しあげられているようです。
昔だったら3回転ジャンプを跳べるだけでもかなり上位につけることができたのが、今や「小学生のうちに跳べないとお話にならない」レベルにまでなっているんですね


<トレーナーさんのお手本を見ながら、いろんなポーズや動作をします>


男子は年齢とともに体が出来あがってくるので、スケート面での成長も経時的に見込めるそう。
しかし女子は「子供から女性への体型変化」と「生理の開始」というステップがあるので、そのステップに入るまでにある程度の技術を習得していないと、そのあとに飛躍的に伸びるということがあまり期待できないらしいのです。


<ヨガマットの上でとんだり跳ねたり寝転んだり>


これをポジティブに考えると、「早い段階で選手としての見込みがあるかどうかがわかるようになってきた」ということ
「まだ伸びるかも」と思いながら諦めきれずに長く続けなくても、小学生のうちにスパッと方向転換できるわけです。

聞くところによれば、上手になっていくほど「もっと上手な子」との差が縮まらず、本人の意欲がなくなってスケート自体をやめる…というケースも多いそう。
切ない話だけれど、いろいろと大変なスポーツなので、本人と親の両方にガッツがないととても続けられない世界なんですね。


<のび~>


もちろん、下手なりにスケートが好きで、成績が残せなくても続けたい、という場合もあると思います。
そういうときは趣味に切り替え、クラブをやめて自分なりの滑走量に減らせばいいのだし。


娘にとっても親にとっても、何種類かある展開パターンがなんとなく見えてきた…感じ





応援してくださるみなさまのおかげでがんばれます!
ビギナー・トムの喜怒哀楽に、よろしければ愛のポチを ♪
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

夏の庭つれづれ

みなさま、こんにちは。
すっかり週1ペースのトムでございます。


バラは見つけたら摘蕾していますが、咲いちゃうものも。



デュプレさん。
やっぱり純白にこのしべの色、すばらしいです
真夏だけに、たとえでなく本当に「一瞬」の美なんですけど、目にうれしい光景…。



アブラハムダービーも、気づいたらはっきりした色の蕾が。
これはね、もう咲かせちゃいましょう



ベルガモ・フォーエバー。
黒星病と虫食いでいつになく葉を落とし、トムの愛情が足りないことを察知したか… と申し訳なく思っていたのですが、新芽が次々と出てきました。
秋に白い花を見られるよう、できるだけ気をつけてあげたいと思います。


娘のスケートコーチとの面談が済んだので、それはまた後日記事にいたしますが、とにかく夏休み中は毎日毎日リンク通い。
別にコーチに練習を課されてのことではなく、娘が望んでのことなのでトムもがんばっているわけですが、やはり疲れます

水やりも、朝あわててするだけなので、まともに液肥もあげられていません。
そのせいなのか、ペチュニアが…。

<6月20日>


<8月2日>


別人になってしまいました

…ごめん、明日こそ液肥をあげるわ…。


さて、今年の白絹病情報。
早々と出現した白い悪魔、その後は落ち着いていたのですが、今朝見たら新規病変が疑われまして。



薬剤、苦土石灰、そして熱湯とかまして、早期治癒を目指します


庭はまとまりがないし行き届いてないし、慢性的に疲れてるしでしょぼくれがちなトムですが、暑さにお構いなしでパワーが爆発している植物になぐさめられてもいますよ。

<カラミンサ>


放射状に広がって元気です。
もっと密にまとまってくれると見栄えするんだけど…まあ、しかたないか。

で、今の「庭の王」は。



ローズマリー

枝透かしを怠っていたら、レイズドベッド花壇を覆ってしまいました。
花壇の木の柵にはディコンドラが這いのぼってきて、かなり自然に溶けこんだ風情が…。
でもオットには「ジャングルみたいだね! って言われてしまったので、少し手を入れたいところです







応援してくださるみなさまのおかげでがんばれます!
ビギナー・トムの喜怒哀楽に、よろしければ愛のポチを ♪
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。