スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王子に謁見 -ザ・プリンス-

みなさま、おはようございます


え、なぜ朝からキラキラしているのかって?
それは記事のタイトルにもあります通り、あのお方がトムの狭ーい箱庭においでくださったからでありますよ…



2014 秋、ザ・プリンス様の蕾は2つ。
ハイ、ご兄弟です。

プリンス様は、早いうちからガク割れするというか、花弁が外気にさらされる期間が長いですよね。
デュブリュイ氏なんかはガク割れしたら開花まですぐですが、王子はかなりこちらに気を揉ませてくださいます。
思わせぶりなんでございます。


<10月14日>

ね。
デュブリュイ1号がトホホな開花をした頃、すでに王子(兄)の花弁の色はチラ見え。


<10月19日>

120%ピンボケで申しわけありません が、これは王子(弟)。
黒みが増してきました。

その後、アンブリッジ嬢やデュブリュイ氏にキャーキャー言っているうちに、王子たちの蕾が加速度をつけて大きくなり、冒頭の写真(10月27日撮影)となったわけであります


そして翌28日。


「苦しゅうない。近う寄れ」

キャ~!!!
できたばかりのフェンス(と、お隣さんのベランダ)を背景に、王子(兄)が開花されましたわ~!!!



外弁は虫喰いや風雨で傷んでおりますが、形はきりりと王家の気品。
この写真だと暗くてわかりませんが、明るい黄色のしべが中央に少し見えていました。

花弁ぎっしり巻き巻きのお姿には至りませんが、春より成長なさっておられます
そうね~…17、8歳くらいって感じ?



こちらは7月8日の王子。
トム宅に来て初めて咲いた花だったので、これはこれで感動したものですが、秋の王子と比べるとやはり色も形も若いですわね…

香りは強く、デュブリュイと同系統(ダマスク)ということは初心者トムにもわかりましたが、なんかソーダっぽいテイストが混じっている…ような…。
デュブリュイは濃厚、プリンスはもちょっと軽めでフレッシュな感じかなあ。





待ってましたの英仏色男対決!
どっちもステキだわ~

偶然なんですけど、トムもご多分に漏れず買ってしまった「バラ大図鑑」ではこのイケメンたちが隣同士に掲載されてるんですよね~

バラ大図鑑 (別冊NHK趣味の園芸)バラ大図鑑 (別冊NHK趣味の園芸)
(2014/10/18)
上田 善弘、 他

商品詳細を見る




「兄上、私もすぐに参ります!」

王子(弟)様、焦らずに、じっくり育ちながら開花なさってくださいね






応援してくださるみなさまのおかげでがんばれます!
ビギナー・トムの喜怒哀楽に、よろしければ愛のポチを ♪
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

フェンス設置完了!

みなさま、おはようございますです

秋バラ、いろんなお宅で華やかに始まっておりますね
ここのところ何度も取りあげているので、みなさま食傷ぎみかと存じますが、それでも語らずにはいられない…トムが溺愛するこのバラ。



おフランシスデュブリュイ。
これは2014秋の4号です。
珍しく、ほぼ実物どおりの色合いで写真が撮れました

開花第1号から号数を追うごとに進化して、ついにゆるくしゃロゼット風に咲いたデュブリュイ氏
やはり秋らしく黒味が増し、香りも強く、あらためてトムをトリコにしている次第であります。



「マダム…なにやら庭が騒がしいようですが…?」


<ビオラ ビビアステカ>
「ホントね、みんなの配置がいつもと違ってるわ」


<マム カルロスティエラ>
「わたしたち、どうなるの…?」


どうにもなりませんよ♪

<10月25日(土) 夕方>

フェンス設置が始まっただけです

あらかじめ、両隣のお宅には粗品を持って工事のお知らせとご挨拶をし、10月25日の朝から始まった工事。
材質はウリン材(アイアンウッド)というもので、非常に硬く丈夫なため、ノーメンテナンスでよいとのこと。
「水の中でも100年腐らない」とも言われ、公共事業でよく使用されているものだそうです。



施行に入ってもらう前に、フェンス沿いに置いていた鉢はすべてまとめてリビング前の駐車スペースに移動。
おしくらまんじゅうです

もともと、「1日で終わるかもしれないし、終わらなくても3日はかからないと思います」と言われていたのですが、



日曜の仕事休みをはさんで10月27日(月)、工事の方がみえる前に出勤して、午後3時半ころ帰ってきたら、もう完成していました

反対側(箱庭側)もこんなふうに。



フェンスの設置目的は、
・目隠し
・バラの誘引

の2つです。

お隣さんの生活スペースと比較的距離がある駐車場側は150cmの高さに、お隣さんのリビング窓と近い箱庭側は180cmの高さにしていただきました。
板と板の隙間(ピッチ)は4cm。
これだけあれば、風通しを妨げないでしょう。

ウリン材は、2-3ヶ月の間は雨が降るとアク(ポリフェノール!)が出るそうで、下にコンクリがある場合は茶色く染まるとのことですが、洗剤やハイターなんかで落ちるそう。
あとは、すごく硬いので、加工は素人では無理っぽい…つまり釘やビスを打つのは難しい(手間がかかる)と思われます。
なので、誘引用の針金を張るのには、過熱して取りつけるタイプのフックを使おうかと。

経年変化としては、色がこのダークめのブラウンから、シルバーグレイになるんだそうですね。
ちょうどいい写真が見つからなかったのですが、白みがかった灰色で、どの色のバラにも合いそうです

施工していただいたお店の方も、「白く塗装してくれって人もいるんですが、塗装だと剥げてきちゃったときに気になるんですよね。でも自然に色が落ちついてくると、バラにはバッチリですよ!」とおっしゃっていました


さあ、これで準備は整いましたよ。
ご近所さんにも、「まあ、あそこの奥さん、とうとうフェンスまで…どこまでやってくれるのかしら…」と温かい目 た、たぶん… で見守っていただいております
あとはバラ様ひとりひとりを充実させねば。
がんばります!






応援してくださるみなさまのおかげでがんばれます!
ビギナー・トムの喜怒哀楽に、よろしければ愛のポチを ♪
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

仏イケメンの雪辱と、「想定外、再び」!? -デュブリュイとスイートピー-

みなさま、おはようございます。
最近毎回言ってますが、秋…深まってまいりましたねえ…


トムの箱庭、フランスイケメンが見事に雪辱を果たしつつあります。


<10月21日 午後撮影>

2014秋の、フランシスデュブリュイ2号。
まだ実力100%ではありませんが、1号の原種まがいの咲きっぷりよりはずいぶん進化しました。

開花翌日は雨。



…園芸やバラになんの興味もない方は、「植物を人間扱いするとか、ワケわかんない」と思われることでしょう。
しかしこの、雨に打たれるデュブリュイから放たれるのは、 まごうかたなき色気 ではないでしょうか!
その濃厚な香りもあいまって、トムを別世界へいざないます…。
渋いオトナの男性に捧げたいバラ。

雨脚が強くなってきたので、カットしてリビングへ。



一夜明けると開ききって平たくなってしまいましたが、香りはじゅうぶんに保たれています。
酔いしれる…  そしてそんなハハをぽかんと眺める子ら…

そして3号は、さらに進化!



カ・ン・ペ・キ
蕾はあと6-7個あるので、しばらく楽しませてもらえそうです ♪


さてさて、イケメンの雪辱はこれでよしとして、お次は種まき状況。
トムがこれぞと勇んで購入したスイートピー3種なのですが…。





10月9日から種に吸水させて、10日にまきました。

・バレリーナブルー
・ネイビーブルー
・スペンサーブルー
をそれぞれ5粒ずつまいたのですが…24日の段階で、

・バレリーナブルー 発芽率 100% (5/5)
・ネイビーブルー 発芽率 80% (4/5)

これはいいのです。
問題は、

・スペンサーブルー 発芽率 20% (1/5)

…。

今春の、ザンネンであった種まき状況が頭をよぎります。
生育環境はほかのとまったく同じなんですが…。

「発芽までは7~10日」とあったので、現時点で発芽してないものは、やっぱり「失敗」なんでしょうかね。
スペンサーブルーは色が濃いので、たくさんあると目立ちすぎるかもしれないし、まあ、1株育てばいいかなあ…それとも10月のうちに追加で3粒くらいまたまこうかなあ…と悩み中です。

なんか、トムって、種まきに向いてない気がしてきた…
みなさまのお宅では、種まき後のようすはいかがでしょうか。






応援してくださるみなさまのおかげでがんばれます!
ビギナー・トムの喜怒哀楽に、よろしければ愛のポチを ♪
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

秋バラ、始まります -アンブリッジとデュブリュイ-

おはようございますっ

あたたかい飲み物がおいしくなってきましたねえ…。

トムはふだん、朝はコーヒー派なのですが、秋からの休日朝はチャイに変更。
市販のチャイのティーバッグを小さな鍋で煮て作るのですが、そこへさらにシナモンパウダーと五香粉を加え、あたため効果アップを狙います
冷えは寿命を5年縮めますからね~…家族のためにもバラのためにも、元気でほどほどに長生きしたいものですわ!


さてさて、2014秋のアンブリッジ第1号は秋顔を帯びてはいましたが、台風から避難した室内で完全開花したらこんなふう。



夏と秋の中間て感じの顔ですね。
第2号はこうです。



1週間の違いで、さらに秋顔が深まりました



側蕾を従えたうなじがふっくら。カワイイ~!
香りもさわやか、かつ豊かです。

そしてこちらも第2号が控えていますよ



フランスイケメン、デュブリュイ氏。
なんとも期待を持たせる蕾じゃありませんか!
第1号は、なんたってこうでしたからね…。



今度こそ、長らく愛されてきたゆえんの美花を頼みますよ~。


<まかせとけ!>


いよいよ秋バラシーズンが始まりそうです






応援、ありがとうございます♪
みなさまのおかげでがんばれます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

容疑者Tの献身 -イングリッシュローズの名花-

*10月21日に書きかけの状態で誤ってupしてしまった記事の、完成版になります。
 大変失礼いたしました~


みなさまおはようございます~!

しっとりと露の降りる毎日…トシをとるに従い、どんどん秋冬が好きになります
昔はだんぜん春!だったんですけどね。
今も春は好きですけど、寒くなってからの「もののあはれ」はしみじみイイです。


刑事「…そんな世間話でごまかそうたって、そうはいかないぞ」
トム「ウッ 尾けられてた…!?」

刑事「いいか、何度も言うが、証拠はあがってるんだ」
<↓証拠↓>


<<<購入明細>>>

 品名・商品ID 単価 数量 金額
-------------------------------------------------
□[バラ大苗予約2]イングリッシュローズ:アブラハム・ダービー大苗5号角鉢


トム「そ、それは受注メールのコピー…


「おまえさん、誘惑に負けたんだな…」

トム「…すみません…だって、だって、壁が呼んだんです…!ここを飾ってくれ、バラを這わせてくれって、壁が…


「そうか、認めるか…しっかり罪を償え育てるんだぞ」

はい、育てます!!!

伊丹刑事のお写真は、相棒公式サイトのブログからお借りしました
あいかわらずカッコイイわ~


…ってこれはバラブログ、バラブログでございますね!
そう、トムが大苗予約第2弾(12月下旬到着予定)で購入したのはコチラ。


<DA社のサイトからお借りしました>

イングリッシュローズの中でも屈指の名花、アブラハムダービーです!

こちらの記事で、ジャクリーヌデュプレ様とコラボする地植えのバラをあれこれ検討しておりましたが、やはりお相手の決定・購入はジャクリーヌ様のようすを見てから…と考えたのですね。
でも2品種お迎えすることにしてついた勢いは止まらず



前々から、玄関横の壁にバラを這わせたいと思っていたのでありまして。

・四季咲き
・つる~半つる
・強香
・耐病性に優れる
・深く切っても咲く
・花色がピンクからアプリコットまでの色幅に入る

という条件で絞り、多くの方がその素晴らしさに太鼓判を押すダービー様に決めたというわけでございます。

あらフシギ!ダービー様をポチした瞬間から、バラ欲は雪のように解け去ったことですよ…
トムの小心さでは、「いっぺんに3つ購入」というあたりが臨界点のようです。

新たに3品種、伸ばすバラ様たちを箱庭にお招きした責任は重大!
バラ本の復習、冬作業の確認など、秋の間にやってしまわなくては。
来春、トムの庭の楽しい変化をお伝えできるよう、がんばります~







応援してくださるみなさまのおかげでがんばれます!
ビギナー・トムの喜怒哀楽に、よろしければ愛のポチを ♪
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

TAG : アブラハムダービー

来た来た夢が♪ -早い大苗-

みなさま、おはようございます!

イキナリですが、トムの箱庭に「夢」がやってきましたよ~




ピエールドゥロンサール様!
とりあえず8号ロングスリットに植え替えました。
我が家でどのくらい育ってくれるのか、来年の春はどんな花を見せてくれるのか…まさにトムの夢をぎっしりつめこんだ鉢です

そしてこちら。



ジャクリーヌデュプレ様。
背景にローブリッターちゃんの黄色い葉っぱが写っていますが、目を細めてそこは見ないようにしてくださいませ

ジャクリーヌ様は、フェンス工事が済んだら早々に地植えするつもりなので、バークチップでマルチしただけで仮置き。
工事は今月25日開始で、早ければその日のうちに終わるし、かかっても27-28日くらいまでだそうなので、10月中に植えられると思います。



「なんだか騒がしいな…」

開花したベルガモフォーエバー、庭の出入りに気が付いたようです
すっかり美白ブートキャンプはやらなくなって、だからまたクリーム色なんですが…うーん…もう一声、白くなってほしいなあ。
葉は深みのある緑色で、すごくキレイです。


家族の「秋冬体調崩しドミノ」、今度は先週末から娘が鼻水・咳・発熱。
オットとトムで仕事のやりくりをしながら交代で診ています。
診ると言ってもつきっきりで何かする必要はなく、娘はテレビを見、トムはバラの本を手に取りつつ娘の様子を観察…というダルな時間を過ごすわけですが…その時間が罠!

刑事「トムさん、あなた、またストレスがたまった…とか思っていませんか?」
トム「えっ…思ってないです
刑事「思ってるでしょ?それに先日、つるバラを2つ買いましたね。2つ買ったら3つ買うのも同じ…そう思いませんでしたか?」
トム「…思いません
刑事「…いいか、証拠はあがってるんだあ!素直に吐け!!!」
トム「黙秘します!」


…この流れ、賢明な諸兄諸姉はおわかりになりますね。
しょ、詳細はまた後日


でもねー、刑事さんがこの人だったら、トムはすぐしゃべっちゃいますけどね。

「相棒 捜査一課 伊丹憲一」 オフィシャルフォトブック (ぴあMOOK)「相棒 捜査一課 伊丹憲一」 オフィシャルフォトブック (ぴあMOOK)
(2013/03/16)
不明

商品詳細を見る


川原和久さんご本人も、伊丹刑事の役柄も、大大大好き






応援、ありがとうございます♪
みなさまのおかげでがんばれます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

雨後のムスカリ

みなさま、おはようございます
台風後、最低気温がまた一段下がって、秋が深まってきた感じがありますね。


さて、10月初旬にあわただしく植えつけた球根や種から芽が出てきました



こちらはネモフィラ。
四角い鉢の後列にチューリップ「アプリコットビューティ」、前列にムスカリを植え、四隅にネモフィラを数粒ずつまいたのです。
ちゃんと四か所で発芽しました



コーンフラワーも、



セントーレア「ブラックボール」も、発芽が始まっています。


発芽、けっこう早いな!と驚いたトムですが、いちばんびっくりしたのはこれ。



ムスカリです。
白絹病で枯れたディコンドラをはがし、更地というか荒地になった部分にスイセン「ブリティッシュギャンブル」を植え、その前面にムスカリを植えこんだのですね。
台風前には確か影もカタチもなかったと思うのですが、台風一過の朝に見たら…忽然と芽が出てるんです!!!
雨後のタケノコならぬ、雨後のムスカリ

ムスカリは早くから芽-葉が展開して、びろびろと伸びてしまいますね。
これがイヤなのよ!とおっしゃるガーデナーも多いですが、花芽に気をつけて葉を切っちゃえばいいのだ…とどこかで読んだので、トムは気になったらカットの方向で


とりあえず、出だしは上々。
これから10-11月にかけては、ビオラやそのほか予約苗が届くので、時間のあるときにひたすら植えこみます
しかしこの時期、子らはたいていいろんなウイルスをもらってくるんですよね~…。当然、こちらからもプレゼントしているのでしょうが
家族が元気でなければ庭仕事もままなりません。
天候はこれから落ちつくでしょうし、今後の課題は健康管理!
みなさまもお風邪など召しませぬように~。






応援、ありがとうございます♪
みなさまのおかげでがんばれます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

完全にフライング -フランシスデュブリュイ-

みなさま、おはようございます。
台風被害はありませんでしたか?

トム宅のある関東圏、先週末に「最接近は14日朝前後」という予想が出ていました。
先日の18号よりひどそうだ…ということで、三連休初日の11日土曜に対策決行(12日日曜は外出の予定だったから)。
花台から鉢をおろし、鉢同士をビニール紐で結んでおいただけですが…

予想通り、14日未明には風と雨の音がとても強くなり、鉢を心配しながらの浅い眠り…
そして朝、起きてみたら半袖でいいような蒸し暑い快晴。
庭に出てみると、ベルガモの鉢がナナメになってフェンスによっかかっていましたが、それだけの変化でした。

今年の台風接近はこれで打ち止め…ですよね、きっと!
からりと晴れた日が続く秋になってほしいものです


さてさて、秋バラの蕾です。
すくすくと育ったアンブリッジ嬢は、台風前、こんなお顔に


<10月13日>

秋顔~
香りも強く、フルーティさの混じったミルラ香がします。
ああ、このまま完全開花させてあげたい…!
そうも思ったのですが、雨風でこのお顔に傷がついたら…やっぱり、カットして室内に入っていただくことにしました。

はっ、そういえばアンブリッジと第1号を競い合っていたデュブリュイ氏は!?


「ボンジュー、マダーム…

…どこの原種系さまでしょうか?


「HAHAHA~、冗談がお上手だねマダム。ボクだよボク!フランシスデュブリュイだよ」

チガウ~!!!

…まあ想定内と言えば想定内ですが…ここまでぶちゃいく未熟なお姿で咲かれようとは。
ええ、好奇心でこの蕾を残したトムが悪かった。

そんなフランス男児を冷静に眺める英国の貴公子。


「ふっ…私なら、あんな哀れな姿では咲かないものを…」

ザ・プリンス様
ガクが冠のよう、蕾のうちから気高い美しさ

い、いえね、デュブリュイ氏だって本来は王子とタメ張るくらい艶やかなんですのよ!
今回はちょっとフライングしちゃっただけで!

秋の英仏色男対決はどっちに軍配があがるでしょうか…。
楽しみ楽しみ







応援、ありがとうございます♪
みなさまのおかげでがんばれます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

欲望という名の電車 -レディオブメギンチ-

みなさま、おはようございます。
大苗の予約はお済みですか? トムといっしょにしちゃいけませんね


イヤイヤ、こないだ「ジャクリーヌデュプレ」と「ピエールドロンサール」をポチしたことはお伝えしました。

ジャクリーヌ様は箱庭のフェンスに這わせる予定。
しかし1種だけではなー…もう1種とりあわせたいなー…とついボンヤリしてしまいます

トムの条件としては、

・半つる
・早咲き(早咲きのジャクリーヌ様と合わせたい)
・ジャクリーヌ様のしべと似た色 → 赤みを帯びたローズピンク
・ぎっしりめの花弁
・四季咲き

これら条件に合う品種をあれこれ考える…現実逃避至福ですね

今のところ、コレなんかどうかしら?と思っているのが、この品種。
イングリッシュローズの、「レディオブメギンチ」です。


<バラの家さんよりお借りしました>

イングリッシュローズの中ではそれほど人気のあるほうではないみたいですし、カタログで見るとトムも正直それほど惹かれません。
でも、育てている方のお写真を見るとね…いいんですよ

香りは、ベリー混じりのフルーティなオールドローズ香とあります。
イングリッシュローズにしては花もちがよく、また耐暑性があるというのも魅力的。

まあ、ともかくはジャクリーヌ様を手元に置いて観察してから…とは思っていますがね
あと、検索してみて思ったのは、早咲き・中間咲き・遅咲きの情報ってつかみにくいということ。
極端に早いもの、遅いものはだいたい決まっているみたいですが、イングリッシュローズは全般によくわからなかったです。 「アンブリッジが早い」というのはちらほら見かけましたが
本にも載ってるものと載ってないものがありますし…だいたいは中間咲きということになるのかなあ。


しかしこういうはっきりした色のバラってフレンチローズにもたくさんありそう。
もちろんオールドローズにもあると思いますが、こっちは一季咲きがほとんどでしょうし…。

組み合わせを考えるのってたまらなく楽しいですね~
欲望という名の電車が止まりません。
おすすめのカップリングがあったらぜひ教えてくださいませ 


<も一度ジャクリーヌ様。お友達はどなたがよろしいですか~?>






応援、ありがとうございます♪
みなさまのおかげでがんばれます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

種まき、球根植え、せっかちなデュブリュイ

おはようございまーす。

えーと…また台風が来るんですね
しかもまた勢力が強いとか。
この記事がアップされる頃には、九州や四国ではもう天候が荒れているのかな?
みなさまのご無事を祈っております。


台風の合間に、ようやく種まきと球根植えを済ませました。
トム自身の覚書のために記しますと、

<種>
・コーンフラワー(ポットおよび庭に直播き)
・ヤグルマギク ブラックボール(ポットおよび庭に直播き)
・スイートピー3種(バレリーナブルー、スペンサーブルー、ネイビーブルー いずれも紙コップ)
・ネモフィラ(インシグニスブルー、マキュラータ、ペニーブラック 庭に直播き)



コーンフラワーをまいたのは、白絹病で逝ったキャットミントの跡地。
そう、猫にゃんが立ち寄っていた場所です。
上の写真は種まきした翌朝のものですが…地面に少し凹凸がついているのがわかりますか?

猫にゃんがトイレに認定したもよう  証拠品もアリ

いや~、あのあと特に被害もなかったので油断しておりました…。
とりあえず木酢液をまいて割り箸をたくさん突き立てておきましたが、コーンフラワーはどうなるのでしょうか


<球根>
・スイセン ブリティッシュギャンブル+ムスカリ Mix (庭)
・チューリップ ポールシェラー+ペイズバス(庭)
・チューリップ アプリコットビューティー+ムスカリ Mix (鉢)
・チューリップ グラニーアワード+ムスカリ アルメニカム(鉢)



土が足りないと思って園芸店に行ったら、チューリップの球根が山ほど売ってて、ついついまた新たに買っちゃいました

tulip granny
<タキイネット通販さんよりお借りしました>

グラニーアワードは黄色の八重咲き。
小さめの鉢に青いムスカリとぎっしり植えたものを3つ作りました。
春が楽しみ♪


そんなこんなで春の仕込みが終了し、バラ様を眺めると…。



フランシスデュブリュイの蕾が黒みがかっています。
うんうん、秋はそうこなくっちゃね

…でもですね、これベイサルから分岐した5cmくらいのほっそい枝、ろくな5枚葉もついてないその先端にあるんですよ。
もともと夏剪定が深めだったせいで、芽の動きがほかより遅かったデュブリュイ氏。
なのに気づいたらこの蕾…気がはやりすぎたのか、あがりたての蕾のうちから花弁がガクからはみ出す(ガクの面積が足りなくて覆いきれてない)というなんとも不格好なありさま。

そんなに咲きたいのか!?
まるでモテたいあまりにあれこれ励みすぎて結果的にはカッコ悪い中学生男子のよう…。

面白すぎるので残して咲かせようと観察、そしていい色になってきた…というわけです。
蕾のサイズが本来より小さいし、いい花にはならないと思いますが、なんというか温情ですね


さて、このデュブリュイ氏と順調なアンブリッジ嬢、どっちが先に咲くのでしょうか。
どっちもガンバレ






応援、ありがとうございます♪
みなさまのおかげでがんばれます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。