スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知らぬ間に咲く -ホワイトメイディランド-

みなさま、こんにちは!
昨日、今日と、カンペキに秋の涼しさであります横浜
どーなっちゃってるの!?

来週はまた暑さが復活するみたいですが、最低気温は22-23℃前後の予想。
一気に秋、ですねえ…。
これで雨が降らなければ言うことないんですけど


昨日も花モク(トムの仕事お休み日)だったのに雨で、庭仕事ができず。
せめてバラ様の黄ばんだ葉でも処理しよう…と手袋をして鉢めぐりをしていたら…



アレッ
知らない間にホワイトメイディランドが咲いてた…。

この写真では撮影のために鉢を動かしてあるのですが、花が咲いている部分はふだんジュード様の葉の影になっているんですね。
隠れててまったく気づかなかったわあ



開花してけっこう時間が経ったものと思われ、こんな感じのお顔。
花弁少なめですが純白で、本当にやさしい風情です
これで香りがあったらなあ…でも丈夫で夏に強くて次々蕾をあげてくるわけだから、90点以上だろうなあ…。


丈夫で夏に強いのは、こちらも同じ。



ベルガモフォーエバー。
以前ご紹介した、アプリコットバージョンとは違う花でございます。
この姿がデフォルトというか、我が家でのベルガモの基本形でございます
色はともかく、形まで買った当初と違う気がする(買ったときは丸弁ぽかったのに、今は半剣弁て感じ)んですけど…うーん…挿し木したらそっちの株はどんなふうに咲くんだろう?


ところで黄ばんだ葉の処理ですが、「夏に下葉が黄色くなっても取ってはいけない、あれは株元を直射日光から守るためのものだから」という話をどこかで読んだ またうろ覚えですいません ので、夏の間は放置してあったのです。
品種によって黄色くなる葉の数がだいぶ違っているので、ホンマかいな?とも思うのですが、みなさまのお宅ではどうなさってるのかしら…。


さてさて、トムは来週木曜に液肥で再来週木曜に夏剪定、の予定であります!
鉢増ししたいものもあるし、がんばらなくっちゃ





応援、ありがとうございます♪
みなさまのおかげでがんばれます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

リセット、リスタート

みなさま、おはようございます
くもり~雨の横浜です。

湿っぽさはあるけれど、夜中の寝苦しさはずいぶん減ったカンジ。
ああ~、本格的な秋が待ち遠しいわ~
でも長雨と台風はノーサンキューよ~!


白絹病の蔓延により、箱庭の緑のじゅうたん・ディコンドラをほぼ半分処理したトム。
更地にして苦土石灰を混ぜた培養土+腐葉土を敷き、今は大部分が休耕中…。
種をまけばほぼ発芽して、ぐいぐい地面を覆ってくれたディコンドラが気に入っていたので、正直トムは気落ちしています

そんなトムのもとへ、こんなものが配達されてきました。



そうね、落ちこんでてもしかたないわ!
箱庭のデザインをリセット、リスタートするチャンスと考えて、コーヒー でも飲みながらカタログを見ましょ♪

…あら?
でも何か大事なことを忘れている気がするわ…。
カタログ…そう、少し前にもこんなふうにコーヒーを飲みながらカタログを眺めて、ポチったものがあったような…。


tulip pays
<ペイズバス>
「忘れないで!」

tulip paul
<ポールシェラー>
「忘れないで!!」

tulip apli
<アプリコットビューティー>
「忘れないで~!!!」


アハハ
もう早々とチューリップの球根、予約してた!

どこかの本か雑誌で見た、「チューリップ白+黒に、青い小花を合わせた」庭がすごくステキで、来年はそれを真似しようと思ったんですよね~
で、箱庭がそういう感じなら、玄関脇の鉢にはやわらかい暖色系がいいかなと思ってアプリコットを選んだのでした。

でも改めてカタログを見ると、新品種やら今まで見たことがない品種やら載っていて、ココロが揺れる…。



フリンジつき、かわいいな~
あら、この「ラ ビー」も、すっごくいい色!
ナニナニ…。



ご、5球1組1400円!!!

ごくフツーのチューリップだと15球1400円とかになってたので、3倍のお値段です。
おセレブ球根…

こういうのって、年数が経てば値段が落ちついてくるんでしょうか?
トムはまだガーデニング歴が浅いので、園芸界の相場みたいなものがよくわからないのです


今年は植えっぱなし球根のムスカリとクロッカス、アネモネが土中にあるので、そのへんも考えてデザインを決めなければ。
ラティスフェンスの設置も、来春に間に合わせるつもりならそろそろ動きはじめないと…。
案外やることあるな!
でも楽しい忙しさですよね。
また折々、箱庭まわりの進捗をお知らせいたします~。






応援、ありがとうございます♪
みなさまのおかげでがんばれます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

マダムのちょっぴり剪定 -マダムアルディ-

みなさま、こんにちは!
最低気温がすこーしずつ下がってきています。
とはいえ、ムシムシ感は変わらず…


8月も下旬になり、そうだそうだ、マダムアルディの剪定をしなくちゃ!と思い出しました。
こちらの本に、「一部のオールドローズは8月に剪定」とあり、マダムが含まれています。

バラを美しく咲かせるとっておきの栽培テクニック (NHK趣味の園芸ガーデニング21)バラを美しく咲かせるとっておきの栽培テクニック (NHK趣味の園芸ガーデニング21)
(2007/10)
鈴木 満男

商品詳細を見る



現在、トム宅のマダムはベイサルシュートが1本。1mちょっとです。



このマダム、紆余曲折を経ておいでになりまして、到着時は花後でした。
つまりナーセリー様で花がらを切った状態でいらしたわけです。

花後の枝は適切な位置で切られたと思われるので、剪定と言っても「枯れこんだ枝や弱小枝を切るにとどめ、枝先(芯)は止めない」との指示に従い、ちょっぴりしかハサミを入れませんでした。



もともと、株元はこんな感じですっきりしていましたし…。
わけもわからん初心者なのにいろいろ切って、翌春花が咲かなかったら号泣モノ ですので、本当に気持ちだけの「剪定」です。

ほかのバラ様たちの夏剪定は9月の第2週に施行予定。
その1週間前に液肥を与えておくと、剪定後の芽吹きがよいとどこかで読んだので(小山内先生の本だったかな?)、9月の第1週に液肥と…



「こんにちは、『バレリーナ』です

えっ!?うちにはバレリーナ様はいらっしゃらないはず…。


「うふふ♪ ウ・ソ♪ 『チュチュオプティマ』でした~

…ハイ、そうですよね。
平咲きになるとよく似てらっしゃるわ…。




前回、白バラらしからぬ蕾をあげたベルガモフォーエバーは。



こんなふうに開花しました。
い、いいのよ、好きに咲いて






応援、ありがとうございます♪
みなさまのおかげでがんばれます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

咲きたいように、咲く

みなさま、おはようこざいます。

広島県での土砂災害、本当に大変なことになっていますね…。
災害にあわれた方々に、心よりお見舞い申しあげます。
そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

この天災もそうなのですが、最近、トムがじわじわと元気をなくしてしまったニュースがありました。

「松本市のアルプス公園で行方不明になっていた男児、線路脇で見つかる」

トムは現在は横浜在住ですが、数年前までは松本市に住んでいました。
アルプス公園は家族で何度も訪れたところ…。
山ひとつ切り拓いた広大な公園で、小さな動物園などもあり、行楽スポットです。
でも、線路まで遊歩道があるということは知りませんでした。
事件性は低いということですが、事故にせよ事件にせよ、ご両親の気持ちを考えるといたたまれません。

自分も家族も、明日、何があるかわからない。
そう思うと、恐怖で足がすくんで、頭がぼんやりして、何もできなくなってしまう。



<真夏に咲いたフランシスデュブリュイ>


人間はその恐怖を忘れるために、太古の昔からあらゆることを考え出してきたのだと思います。
芸術、文学、哲学、宗教…「今『在る』ことを実感する、今を『よりよく生ききる』意欲をもつ」こと。
「自然を愛でる」こともそのひとつでしょうね。



<夏バテ知らず、絶え間なく蕾をあげてくる新苗ホワイトメイディランド>


明日のことがわからないのは誰もが同じ。
不安に泣き戸惑っても、何も考えずやりたいように行動しても、時間は同じように過ぎてゆく。

命あることを許されているなら、その自分の人生をせいいっぱい生きなければ…。
戦争が終わった8月、お盆のある8月に、立て続けに生死のニュースに触れて、トムが改めて思ったことです。




これ、なんの蕾でしょう

近寄ってみますね。



クリーム色にアプリコットがかった花弁…。
と言えば、ジュードジオブスキュア!

ブブー
正解は…



ベルガモフォーエバーでした

お迎えした最初の3週間くらいだけ、こんなふうにふっくらした白バラとして咲いてくださいましたが、あとはずーっと「薄い黄バラ」のベルガモ様。
そしてたまに、クリームが熟成したようなアプリコット色が出ることがあります。

白く咲いてほしい!と気を揉んだり、美白ブートキャンプをやったりしましたが、今はこう思っています。
「咲きたいように咲けばいい」と…。

整った形や、トムの好きな色で咲けばうれしい。
でもどんなかっこうでも、咲いてくれれば命ある証。
トムにできるかぎりのお世話をしますから 弱気…、いっしょに毎日を生きましょうね


今回はいつになく真面目でしたが、基本的にお遊び好きは変わりません
お気が向いたらまたご訪問くださいね~!






応援、ありがとうございます♪
みなさまのおかげでがんばれます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

真夏のトホホ怪談

みなさま、おこんにちは!
突然ですが本日は、夏らしい怪談をひとつ…


トムは気づいていたんです。その気配に。
もう一ヶ月以上前からだと思うんですが、気づかないフリをしていたというか、見ないようにしていたというか…視界の端でとらえるくらいで、直視しなかったんですよね。
でもこないだ、たまたま、ばっちり視界の真ん中に入っちゃったんです。



キッチンの横の窓に、黒い影…。
誰かそこにいるの!?



キッチンに隣接するリビングの窓からは、風にあおられるものが…。
く、黒髪!?

怖かったけど、トムは思いきって、カーテンを開けてみたんです。
そしたら…そしたら…



ギャ~~~~~!!!
そこには、ものすごく育った雑草が…!


…ええ、わかってはいたんです。
去年の夏に経験済みですから。
でも、暑いし、蚊もいるし、箱庭のほうも大変だし…と理由をつけて、先延ばしにして、見ないようにしていたんです…。

さあみなさま、本当の恐怖はここからですよ。
ごらんください!トム宅の裏側、真夏の異世界を!




ギョエ~~~
住宅街に突然現れたジャングル!
トムは思わず本当に短く叫んでしまいましたよ!

…しかし、直面してしまった以上、これをどうにかしなければなりません。
いつやるの?今でしょ!




所要時間1時間半、使用ごみ袋は70リットル×4枚。
やりとげました~
ここは北側なのですが(なのにこの茂りっぷり…)、東西の通路も少し雑草があったので抜きました。

雑草の6.5割が「猫じゃらし(エノコログサ)」、2割がスギナ、あとはススキやよくわからないフキっぽいもの、つる性のもの、ドクダミが少々。
でもやっかいなのはススキなんですよね。
地下茎がすっごく太くて、全部はとても取り除けません。

スギナも地下茎の根絶は無理なので、薬を併用しました。



これで勢いが抑えられるといいのですが…。


…というわけで、トムにとっての怪談でした






応援、ありがとうございます♪
みなさまのおかげでがんばれます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

立ちあがれ、トム -白絹病との戦い-

みなさま、こんにちは
トムでございます。

お盆も過ぎましたが、風が涼しい日もあれば朝からむしっと空気の重い日も…。
庭仕事をしようにも、夏は動きにくいですね

とはいえ、トムの箱庭はただいま緊急事態
ダルいとか暑いとか言っていられないのでございます!


なにが緊急かと申しますと、こちら。





記事①記事②でご報告いたしました、ディコンドラの枯れ。
地際にびっしり白い菌糸や粉がみられる…という状態です。

それについて、いつも適切なアドバイスをくださる大先輩ロザリアン・こげパパ様から、「白絹病だと思います」とコメントをいただきました。本当に本当にありがとうございますっ
トムも調べたところ、症状などまさにソレ。

対策としては、

・病変を取り除く
・好気性菌で地下5cmくらいまででしか生きられないため、10cmほど掘って天地返しをする
・酸性土壌に発生しやすいので、アルカリ性にするため苦土石灰を撒く
・対応薬剤を使用する

とあります。

薬剤は種々あるようですが、いちばん扱いやすいと思われる「バリダシン5」を購入しました。
感染巣と表層の土をできるだけ除去して、苦土石灰を撒き、薬剤を希釈して散布することに決定。
これで事態が収束してくれるといいのですが…



「トム…『美は一日にして成らず』。地道に努力する者だけが、高みに到達できるのよ…」

お、お姉様…!
6月に挿し木しましたアイビーゼラニウム「(叶)トミー」お姉様、開花いたしましてございます!
ワーイワーイ



真夏の休眠から覚めて、新芽が動き出したジュードジオブスキュア様のシュートにも蕾が 摘んじゃいますけどね~


…いかに暑かろうとも、たくましく歩み続ける植物たち…。
ええ、そうですとも。



「トムは神様に誓います、もう二度と白絹病に泣きません!

が、がんばっぺ…。





応援、ありがとうございます♪
みなさまのおかげでがんばれます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

トムの夏

みなさま、おはようございまーす

暑さは続いていますけれども、朝晩は少しずつ熱気が和らいできているような?
空の色、雲の形も秋に移行しつつあるような、そんな気配のヨコハマです。


さて、根腐れ&カビで部分的に枯れてしまった箱庭グランドカバーのディコンドラ。
病変部分をむしって、新たな苗を植えたとご報告したのですが…。



…辺縁に再発してしまいました

さらに、新たな病変まで。



トムはもう、気分的には「バイオハザード」です。


<取り囲まれて絶体絶命>

前回もそうだったのですが、枯れた部分の周囲の、葉が緑色を保っている領域でも地際には菌糸がびっしりなんです…。
可能な限り病変と菌糸は取り除き、日光消毒したる!と現在は更地のままにしてありますが、このまま庭全域に拡がったらどうしよう…
範囲が広いので、取り除くのもちょっとためらったのですが、「ほっとくと秋の長雨でまた蔓延する」というおそろしい情報があったので、重い腰を上げてがんばりました。

調べたら、「竹酢液を撒く」という対処法が。
しかし治療法ではなく、「土壌や植物を健康にしてカビを生えにくくする」ためのものなので、いったんカビが発生したらまたむしるしかない、のでしょうな…。
もしご自宅のお庭で似たような症状が起きて、「こう処置したらいいよ!」という経験談/お知恵をお持ちの方がいらしたら、ぜひぜひお教えください~


一方、真夏の終息を感じさせる出来事が。



6月末に最後の花がら摘みをしてから休眠していた(と思われる)ジュードジオブスキュア様に、新芽が!
1枝だけなのですが、ほかのバラ様たちも新芽がぽつぽつ目立ってきています。
ここからまたがんばってくださいね~


おしまいは、珍客というかなんというか。



梅雨の間は元気がなかったブルーデージー、8月に入ってから少ないながらも花が咲き出しました。
その足元に…。



エ!?



び、ビオラ…!
この色は、冬春は別のコンテナに植えてあって、5月に地植えした品種。
ともかくこの鉢とは近づきもしなかったのに、なぜここに咲いたのか…。
こういうのもこぼれダネって言うんですかね


強いようで弱く、弱いようで強い植物の力を、またひとつ知ったトムの夏…






応援、ありがとうございます♪
みなさまのおかげでがんばれます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

夏の蕾たち、その後

みなさま、おはようございます~





絶え間なく咲き続けるチュチュオプティマ。
そう、チュチュは摘蕾しておりません!
だって次から次へ蕾がつくんですもの…。
花弁のヒラヒラ感が夏らしく、色合いも淡くてちょっと涼しげ
今年はハダニを見かけず、いたって元気なお嬢さんです。


気がつけばお盆週間…8月も半ばになりますね。
それでも近年は残暑が厳しくて9月もまだまだ夏の感覚ですから、本格的な秋は10月からということになりましょうか。
園芸通販サイトで10月予約苗が始まったのでチェックしたら、ビオラとパンジーの花ざかり
ううむ…実感わかないな…何色をどれだけ買ってどこに植えるか、冷静に考えなくては…。

そんなガーデニングビギナー・トムでございますが、今回、登録記事が100エントリになりました!
ときにネタが枯渇しながらも、続けていられるのは読んでくださったりコメントをくださったりするみなさまのおかげでございます。
ありがとうございます!!!

無理せず、細々と、園芸とバラにまつわる日々のアレコレをみなさまと共有していけたら…と思っております。
どうぞ引き続き、お気軽にご訪問くださいませ


さて、台風を無事にやり過ごした…と思っていましたら。



デュブリュイのシュート先端、①と②。
ん~?



摘蕾せずに残してあった蕾がナイ…。


「なんじゃあこりゃあ…!!!」

か、風でもげたの?
もう、ガクの隙間からうるわしい赤が見えてたのに…!

…やっぱりね、自然界のことは読めませんね。
でもまあ、しかたない…自分で摘蕾したと思って秋まで待つよ…待つ…待つ?



8月8日に摘蕾した枝から、すでにもう蕾が!しかも2個!


「フランセーヌの意地…見せてやる」

ギャー!ステキ!トムは失神寸前…
いや~、アラン・ドロン様、実は今までじっくりお顔を拝見したことがなかったのですが、なんというカッコよさでしょうか。
しびれるわっ

なんかもう、デュブリュイの咲きたがりもここまで来ると面白くなってきちゃったので、これは咲かすことにします…。






応援、ありがとうございます♪
みなさまのおかげでがんばれます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

夏の開花は特急レベル -アンブリッジローズ-

みなさま、おはようございます。
中部地方以西にお住まいの方々…台風の被害、大丈夫ですか!?

こちら関東では瞬間的な豪雨が来ては去り、来ては去りという感じで、風も風速8m/s前後と強めでした。
トムも雨が止んだちょっとの隙に、あわてて支柱を足してシュート保護を試みたり。
まずはみなさまの身の安全を、そしてお庭やバラ様たちのご無事をお祈りしております。


さて、前回記事で、蕾を1個残すことにしたアンブリッジ。

<8月8日 朝>


やっぱり、色づいた蕾があるっていいわ
いつでも咲いてくれるいい子のアンブリッジですが、やっぱり開花までのワクワクは何度味わっても減りません。

そして翌日の朝。


「おはよう、トム

…うん、予想していたけど、予想通りに全開だね、アンブリッジ…。
開花スピード、特急並みだね

春花と比べると、サイズは30%、花弁数は20%といったところ。
ウム、これはこれで清楚な魅力があってよろしい
香りが弱かったのがちょっと残念ですが…。


ところで色白美人・ホワイトメイディランドのその後の経過です。

<8月6日>


<8月7日>


<8月9日>


<8月11日>


アンブリッジに比べ、なんというおっとりさでしょう!
各駅停車の旅…
ピンクが徐々に抜けてきて、白バラになってきました。
花弁数は確かにあまり減っていないようですが、開花形態が春とはチガウ…。
それとも、これからまたさらに開くのかな?

しかし猛暑でも、雨が降りかかっても、花弁の傷みはほとんどありません。
なんという花もちのよさでしょうかっ
こーれーはー、ぜひともたわわに咲かせたい!!!

涼しくなったらすぐ鉢増ししてあげるからね
来年春には咲き乱れておくれよ~!





応援、ありがとうございます♪
みなさまのおかげでがんばれます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

摘むべきか、摘まざるべきか

みなさま、ご機嫌いかがでございましょうか~
トムは現時点で、水枯れは免れております。
朝晩2回の水やりはちょっと大変ですが、秋花のためですもの、ここががんばりどころ!


さて、猛暑の中、けなげに蕾をあげてくるバラ様たち。


<ピンボケですいません、写真中央にクイーンオブスウェーデンの蕾>


<3回ピンチしたベイサルシュート、その先端にきっちり蕾をつけたフランシスデュブリュイ>


<またしてもピンボケ 次々と蕾をつけるアンブリッジ、アンブリッジのアンは安定のアン>


<ザ・プリンスも、1個ですがしっかりした蕾>


真夏に咲けば「四季咲き性がよい」ということになるそうですね。
だからクイーンオブスウェーデン様が、絶え間なくぽつぽつと蕾をあげてくれているのは、TTU(ってもれしい)!
四季咲き性が弱いのかな、と思っていたのです。
あとは、何度も言っておりまして申し訳ナイのですが、昨年は水枯れをやらかしてしまったので、そこから復活してくださったのが何よりのヨロコビ


…で、これらの蕾をどうするか、です。
摘むべきか、摘まざるべきか。
セオリー通りなら摘んで秋に備えるべし、なのですが、「夏に摘蕾して秋を楽しみにしていたら、秋にほとんど咲かず冬になってしまった」という経験談を教えてくださったバラ先輩が!こげパパ様、いつもありがとうございます!

これはありうるハナシ
少しだけ咲かせて楽しむのもアリだよなあ…とトムは思ったのでございます。

株をとにかく育てたいプリンス様とクイーンは摘蕾しちゃうとして、アンブリッジとデュブリュイは1個ずつ残しとこうかな…。







応援、ありがとうございます♪
みなさまのおかげでがんばれます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。