スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巷に雨の降るごとく -煩悩の詩-

ヴェルレーヌは言いました。



巷に雨の降るごとく わが心にも煩悩降る


<ユアインネルンアンブロ>

かくも心ににじみ入る この欲望は何やらん?


<コンテドゥシャンパーニュ>

やるせなき心のために
おお、バラの歌よ!


<ジャクリーヌデュプレ>

やさしきバラの香りは
地上にも屋上にも!


<シャルルドゥミル>

消えも入りなん心の奥に
ゆえなきにバラに涙す。


<レディオブシャーロット>

何事ぞ!
ブラインドもなきにあらずや?
この喪そのゆえの知られず。


<ウォラトンオールドホール>

ゆえしれぬ煩悩ぞ
げにこよなくも堪えがたし。


<ミステリューズ>

花もなく蕾もなきに
わが心かくもかなし。


<デュシェスドゥモンテベロ>


煩悩は雨のように…
今のところトムがお迎えしたいバラ様たちのリストです





応援、ありがとうございます♪
みなさまのおかげでがんばれます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

増えろよ、増えろ♪

みなさま、こんにちは。
箱庭にいらしてくださってありがとうございます

梅雨らしからぬ晴天があったりしながらも、やはり大気はしっとりしている6月。
挿し木シーズンですね!


この春、
「あのバラ、いいわあ…
といろんな知人に言われたバラがあります。
それは箱庭の優等生、アンブリッジローズ!



ウンウン、そうですよね、イイですよね

トムはテレながら言いました。
「キレイで丈夫でいい香りで、あんまり大きくならないし、とってもいいバラなんですよ~
今年、挿し木に挑戦しようかと思ってるんですけど、もしうまくいったら…要りますか?」
「ええ、ぜひ!」

ハイ、ご予約3名様入りました~

お義母さん、いとこ、ご近所さん。
初めてなので失敗する可能性も高いことをお伝えしましたが、みなさんこころよく「成功したらでいいわよ!」と言ってくれました。

なので、こんな感じに。



ビニールポットに1本ずつ挿したのですが、もう1本くらいずつ挿したほうが、早いうちから少しでも花数が多く楽しめていいのかな?
挿し木シーズンはまだ続くので、ダメになったら再チャレンジとは思っていますが、どうなるでしょうか。
全国のアンブリッジ普及委員会のみなさま、箱庭の挿し木に念を送ってくださいませ~


そうそう、5月に挿し木をしたマム「カルロスティエラ」は、鉢底から根を確認!



3本挿したのですが、みな根付きました
バコパ「エンジェルリング」と寄せ植えに。



秋が楽しみ!
去年はラベルと全然違う姿だったけど、今年はどんな色で咲いてくれるかしら?





応援、ありがとうございます♪
みなさまのおかげでがんばれます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

箱庭メンテナンス

みなさま、こんにちは

本日のテーマソングは、こちら。



♪祭も済んだ~ 6月だ~から~ 箱庭て~きに~ ネタが尽きたのよ~

あるいは、こちら。



♪ネ~タがない~ ネ~タがない~ ふ~るえる胸~


ひばりねえさん、静香ねえさん、ネタが尽きました!


二番花が咲いているバラは決まってますしね…。
とりあえず、こないだ雨の日に作った盛り合わせの写真を。



ファンタスティック!
これは、玄関先に置いておくだけで気分が上がりました~
ちなみに内わけはこうです。



A: アンブリッジローズ
J: ジュードジオブスキュア
Q: クイーンオブスウェーデン

なんて夢見るような色合いでしょうか
でもやっぱり、濃い色もポイントに必要だわね~。
さ、再来年度は、シャルルドゥミル様ユアインネルンアンブロ様を虎視眈々と狙っているトムでございます。


さてさて本日は仕事が休みでしたので、ネタ探しに気分転換に園芸店へGo!
買ってきた苗を植えたり、箱庭を少しだけメンテナンスしました。



前回記事で触れたビオラにお別れしまして、跡地に植えましたのはジニアプロフュージョン「アプリコット」。
種や球根もいろいろ考えたのですが、結局、苗にしちゃいました



切り戻し後にまた咲いてきたアズーロコンパクトの青、あいかわらず花壇から身を乗り出しまくりのローマンカモミールの白と、このアプリコット。
暑苦しくない夏の色合わせになっている…かな?

それから、種が確認できるまで放置してあったオルレアを抜去。



ボケボケの写真ですみません
種が落ちたと思われる部分も複数あったので、来年はこぼれ種から咲くでしょうか?
でも地面にはぎっしりディコンドラが這っているのです…。
隙間をぬって育ってきたら拍手だなあ

あとは、エッジを乗り越えて侵攻してくるディコンドラをカット。



4月中旬あたりから、目に見えて勢いが増すんですよね。
さすがに数cm以上は伸びてこないですが、あまり美しくないのでコンクリート沿いに切りそろえました。



あとはおサボリしていたペチュニアやチョコレートコスモスの花がら摘みなどしました。
はー、やれやれ。
でも久しぶりにあれこれやったら、頭も体もなんだかスッキリ
また新たなチャレンジの旅に出られそうだわ…。

新米勇者トムのガーデニング・クエストは続く!





応援、ありがとうございます♪
みなさまのおかげでがんばれます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

つれづれなるままに

どっしゃー と降ったかと思えば、しばらく夏のようなお天気 が続いたりして、ほんとに梅雨なの?って感じのヨコハマです。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか~。

バラ様たち@トムの箱庭は、ぽつぽつと二番花が咲きつないでおりまして、今のところは大きな病害虫被害もなく。
あ、でもジュード様に少しうどんこが出たな…。
除菌ティッシュで拭いただけですが、その後はお変わりありません。

ネタが尽きてきて、登場人物もかぶっておりますが
とりあえず本日はまいりましょう!



アプリコットが強く出ているジュード様。
う~ん、シトラスの香り~


一番花の勢いそのままに、二番花もアンブリッジがいちばんたくさん。



どんなサイズでどんな風情で咲こうとも、アンブリッジのかわいさはゆるぎませんねえ。
どんだけ優秀なの、あなた!


ひっそりと低い位置で、コスモス様も二番花。



ああ、よかった…ふつうに咲いてくださって…
一番花のおしまいのほうは、こんな↓でしたからね!



お礼肥の栄養が行き渡ってきたのかしら♪
数えるほどですが、ほかにも蕾が見えてきています。


このコスモス様(「K」)は、枝変わりしたローブリッター!?みたいなころんころんのアンブリッジといっしょに、盛り合わせてみたりして


女王陛下も、花弁ぎっしりのお顔をまた見せてくださいました





ダリアみたい!
この規則正しい花弁の並び方が、育ちのよさを感じさせるわ~

女王は鉢増しタイミングを計り中です。
暑い日は、朝だけでなく夕方にも水やりしないと不安な鉢の軽さなんですよね。
蕾がまだ3-4個あるので、それらが咲き終わったらかなあ。


さて、おしまいはバラ様でなく、こちら。



これ、5月末の撮影なんですが、まだビオラがほそぼそと咲いております。
もとは鉢で育てていたものが4月末に徒長してきて、「鉢から地植えにするとしばらくいい感じに保つ」と聞いたもんですから、ここに植えなおしたんですね。
6月中旬の現在もわずかに花があるのですが、さすがにサヨナラして秋に備えようかと。
種をまくか、球根にするか…うーん、迷う~






応援、ありがとうございます♪
みなさまのおかげでがんばれます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

ジュード様所感 -ジュードジオブスキュア-

みなさま、こんにちは!
こちらの記事でご紹介いたしましたジュードジオブスキュア様、開花が始まりました

6月14日、朝。

なんともあたたかい色!
期待で胸をふくらませながら鼻を近づけると…

Oh, juicy~!!!
さわやかで酸味を感じるフルーツの香りっ

「強烈なシトラス香の混じったグアバと、甘口の白ワインを思わせる香り」とDA社のカタログなどには書かれていますが、まっさしくソレソレ!ソレだよ!と激しく膝を打つ勢い。


角度と日当たりを変えて撮影。
形、色…そうとうトムが好きな部類です

翌15日には退色して、しべも見えました。
あっつかったですからね~、あの週末は!



余談ですが、子供らの運動会(14日)に行ったトムも、日焼け止めを塗り忘れてこんなていたらくです。

エア腕時計…。

退色した横顔もパチリ

なんだか、同じイングリッシュローズの「トロワラス」に似てるような…。

この花は上の写真撮影をした16日の午後にはばっさり散ってしまいました。
でも、蕾はまだたくさん
次なる開花が株のあちこちで。




どれもこれも美しく、香りよく、トムを癒してくれます

中にはこんな方もいらっしゃったり。

前日の蕾から、翌朝にはいきなりしべ全開
こんな平咲きもかわいいものですね

しばらくジュード様の独壇場で、玄関まわりがさわやかになりそうです。
ところで…。



箱庭においでになってから一週間も経たない間に、ハキリバチに切られまくっているジュード様。
ハキリバチに好かれると言えば、箱庭ではリシュリュー卿だけだったのですが、ジュード様のやられっぷりはリシュリュー卿を上回っています
写真は被害のごく一部で、株の裏側(家側)なんか、やられてない葉のほうが少ないくらい。
みなさまのお宅のジュード様はいかがですか~?


あ、それから、以前ご紹介した「JUDE」のDVD。
「日蔭のふたり」というタイトルで、日本語でも視聴できるようです!

日蔭のふたり [DVD]日蔭のふたり [DVD]
(1998/12/23)
ケイト・ウィンスレット、クリストファー・エクルストン 他

商品詳細を見る







応援、ありがとうございます♪
みなさまのおかげでがんばれます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

よっ、待ってましたっ! -マダムアルディ-

去る6月15日。
長らくお待ち申しあげていた方が、ついに箱庭にお見えになりました…。




花がついていないのですが、これはまぎれもなくマダムアルディ様です!
とっ、トムはもう、今年はお会いできないのではないかと思っておりましたよ~!


バラ苗ひとつにおおげさじゃないかって?
いえ、マダムに関しましては、単に「ポチって待っていた」だけではないのです。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、本日たまたまこのブログに目をとめてくださった方は、何かのご縁…よろしければ、どうぞこちらの記事をご覧くださいませっ


紫のバラが咲いてトムの度肝が抜かれた5月初旬から、待つこと1ヶ月以上。
ナーセリー様も「他品種混入」という事態に驚かれたご様子で、代品も「開花を待って、品種に間違いがないことを確認してからの発送」という手続きをとってくださいました。

「蕾はあがっていますが開花がまだなので、もう少しお時間をいただきたく…」というメールを受け取ったのが5月28日。
まだか、まだかとはやる気持ちを抑えたり、抑えないでジュード様をポチってしまったりしながら、日々を過ごしてまいったトムなのです。 欲望にあらがえない人間…ダメダメ

そしてついに、「開花して、間違いないことを確認いたしました」のメールが6月9日に!
トムは平日働いていて不在のため、配達を土日指定とし、15日にめでたくご対面…となったわけでございます。

さすがに花も蕾もない状態でのお越しになりましたが、ぐいんと伸びたベイサルシュートと思われる、のっぽな枝が。



今のところ、1m弱。
8号ロングスリットに植え替え、支柱を立ててビニタイで固定しました。

ちびベイサルも出ています

太いのがのっぽなやつ、その奥に小さなのが。


今年は数奇な成り行きでお顔を拝見することが叶いませんでしたが、来年こそは美しいマダムのお姿を、たっぷりじっくり堪能させていただきますわよ!
観客席から身を乗り出すほどの熱烈なサポーターも箱庭にはおりますからねー。


ローマンカモミールさん、咲いてます。
咲いてますが…花壇の縁からものすごく出ています…こういうもの?


小さくてかわいい花。
りんごの香りがします





応援、ありがとうございます♪
みなさまのおかげでがんばれます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

TAG : マダムアルディ

二番花、もう夏顔? -アンブリッジローズ-

先日の記事で触れたアンブリッジが咲きました(6月13日)



朝日にまぶしいアプリコット、しべもすでに見えてますね

前日はこうでしたのに。



サイズは8cm弱、もう夏モードかな?
しかし、この開花前のフォルム、何かに似てるな…と思ったら

ウルトラ怪獣500 イカルス星人ウルトラ怪獣500 イカルス星人
(2013/09/07)
バンダイ

商品詳細を見る



イカルス星人でした。
こんな美しくない画像載せてるバラブログ、あんまりないだろうな…



翌6月14日には上品に退色。
暑いせいか、経過が早い~

6月16日の朝には、一気に房咲き!




写真だとなんだか立派に見えるのですが、1個1個は5cm強と小ぶり。
一番花ではほとんど側蕾を摘んだので、こんな姿になったのは初めて
かわいーぞー!


現在ついている蕾が全部咲き終わったら、秋に備えて摘蕾の日々が続くことになります。
6月ももう半ばですもんねえ。
あっ、そういえばアンブリッジの挿し木するんだった
トライしたら、記録を兼ねて記事にいたします~





応援、ありがとうございます♪
みなさまのおかげでがんばれます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

雑記:6月の箱庭

しとしとと、時にざあざあと降る雨…
みなさま、体調を崩されてませんか?
トムは…眠いですそれは梅雨だけでなく、わりといつも

いやー、気圧の影響って大きいと思うんですよね!
暑くなったらなったでへばると思いますが、今はピーカンの夏空が待ち遠しいですわ~


さてさて、本日は6月の箱庭のようすを少し。
まずはこちら。



ペチュニアダブル「ホワイト」。
ペチュニアって花がら摘みで手がベタベタするー!なんて文句を言っていましたが、やはりこの時季、いろどりになってほしい花です。
ひらひらしてて、薄いグリーンのスジが入って、涼しげ



こちらは、エボルブルス「ブルーシエル」。
「青い空」という名前にぴったりの、美しい色です。
植えつけてすぐから咲き出しました。
横に広がるタイプなので、ハンギングにぎっしり咲くとキレイだろうなあ!


一方、バラチームは…。


新しい葉が雨粒を銀色にはじいて、クリスタルのかけらのよう
この葉はこちらのバラ。


アンブリッジ嬢です。
二番花の蕾が出そろってきて、開きかけの子もいます。


かわいいお顔、待ってるよん

かわいいと言えばこちらも。


クイーンオブスウェーデン様も、雨粒のティアラをつけて待機中
一番花より発色がやわらかいというか、本で見る色に近い感じがします。
これも紫外線量の影響なのかしら?


おしまいに、美白ブートキャンプを敢行していたベルガモフォーエバー!



「どやっ!」

ん~…一番花より白いことは確かだけど…やっぱり、購入時の「白バラ」然としたお姿とは違うような…。
ゼータクでしょうか!?

株全体を遮光するように、日傘を設置しておいたんですよね。
だけど側蕾は黄色いですよねえ。
難しいな…。

高まることはあっても鎮まることのない園芸欲をしょって、トムは先日、小さめの簡易温室(骨組みにビニールを被せるタイプのもの)を買いました。
それと寒冷紗。
この2つを組み合わせてちょっと加工して、植物のための日陰ルームをなんとかうまいこと作れないかな…と模索中でありますっ 





にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

日陰者にはいたしません! -ジュードジオブスキュア-

どーもどーも、みなさまこんにちはっ
毎日暑いんだか寒いんだかわからない気候でやんなっちゃいますねえ~!
ムシムシじめじめして寝苦しいですよねえ~!!!


…え?
なんだかテンションが高いんじゃないかって?
や、やだなあ、そんなことありませんよ~
何かごまかしてるんじゃないかって?
そそそ、そんなこと、そんなことっ…



あったりして~

はい、ラベルに寄ってみます。



あこがれのジュードジオブスキュア様!

 「あれ?トムさん、今年度は早くも購入打ち止めとか言ってませんでした?」

えっ、ええ…そのはずだったんですが…。

①ザ・プリンス様
②ホワイトメイディランド様

4-5月にこのお二方をお迎え。

で、例の大苗取り違え事件で、本来お迎えするはずだったマダムアルディの代わりにリシュリュー卿がいらっしゃったのですが、ナーセリー様が改めてマダムを送ってくださるとおっしゃるので、

③マダムアルディ様

が新規に加わります。
これで3鉢、3品種です。

敬愛するバラのコンシェルジュ・メアリー様の御信条「1年に3品種まで」をトムも踏襲させていただきたく、この言葉を胸にがんばってきたのですが←まだ6月なのにこのいいぐさ…
仕事・家事・子供の世話・仕事・家事・子供の世話・ときどき頭痛…というサイクルに疲弊したトムは、ついふらふらとネットサーフィンに出てしまったのでございます

「ジュード様の新苗なんてもう売り切れてるよね~…人気品種だもんね~」とか思っていたら…
「イングリッシュローズ蕾付き苗」の販売サイトに打ち寄せられてしまいました。
こちら、相原バラ園様です。

ほかのバラ苗ショップでは案の定売り切れていたジュード様。
こ、ここで会ったが100年目! ポチっとな~




アプリコットを含んだクリーム色の蕾がいくつも
ガク割れしていない蕾はもっとたくさんあります。
春のバラ祭典は終わってしまったけど、二次会ではデュブリュイ氏ががんばってくれて、今度はジュード様が三次会を催してくださるのねっ!
楽しみ~♪

しかし、ジュード様、なんだか足元が…。



ムダ毛!? いや、ムダ根!
ジュード様って毛深いんですのね…

…いや、そんなことではなくて。
鉢底を見ると、四隅の穴は茶色くて細めの根がびっしりで、長いものは写真のようにひょろろ~と飛び出ておるわけです。

うーむ。
植え替えが必要なことは間違いないのでしょうが、とりあえず花が一通り咲いて、切り戻してからでいいですよね。
根がきちきち気味のほうが花に栄養が回っていい花が咲くというし…(by 「根力で咲かせるバラつくり」高原通寿先生)
このままだと苗が大きくて大変だし。


ところでジュード様と言えば、イギリスの作家トマス・ハーディの小説「日陰者ジュード」から名付けられたことは周知の事実。
でも、映画まであったなんてトムは知りませんでした~

Jude [DVD] [Import]Jude [DVD] [Import]
(2001/01/01)
Christopher Eccleston、Kate Winslet 他

商品詳細を見る


ケイト・ウィンスレットが出てるくらいだから、けっこう力の入った作品てことですよね。
トムは小説も映画も未経験なので、細かい内容は知らないのですが、あらすじを読んだだけで軽いめまい…

暗い、暗すぎる。
これを映画化するって…イギリス人にはすごく愛されている小説なんだろうなあ…。
昔の日本文学も暗いものが多いけど、たくさん映画化されてますもんね。

きっとオースチン氏もこの小説が好きで、ジュード青年への思い入れがあったからこそ、こんな美しくいい香りのバラに彼の名前をつけたのでしょう。
そんな名花をお迎えできたこと、トムは光栄に思いましてよ

トムはジュード様をつる仕立てにする構想。
日陰者とは言わせない、特等席をご用意する予定ですわ!
植え替えたら、びしばし大きくなってくださいませね~。


…ええ、わかっております。
来年度はとりあえず新メンバーお迎え停止、現在いらっしゃるバラ様たちのきめ細かなお世話を心がけるつもりでしてよ!
か、買わないんだから、買わないんだからっ…しばらく…






にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

TAG : ジュードジオブスキュア

2014春 総括おまけ「ザ・プリンス」

毎度毎度のことながら、ほぼ予約投稿オンリーなので、ビミョーに話題がズレておるかと思いますがお許しくだされませ!

梅雨入り しちゃいましたねえ…。

週間天気予報を見て、傘マーク&雲マークの多さにガッカリ…。
今年の梅雨入り、早いですよね。
でも今週は比較的、雨の量が少ないかな?
14日(土)は子供たちの運動会なので、グラウンドの状態も考えると金・土と降らないでいただきたい!


さてさて本日は、ソーカツのおまけとしてイギリスの王子様「ザ・プリンス」のその後をちょこっと記載いたします

こちらの記事でまとめたのですが、黒星・うどんこ・アブラムシの三重苦でお迎えした王子。
消毒のあとはすくすく育って葉も大きく多くなり、ベイサルシュート・サイドシュートともにびゅんびゅん出ています。

<5月28日>

3本あります。
これより前にもベイサルが2本、サイドが2本出ています。
ベイサル2本は近接して同じ方向に出ていたので、小さいほうは欠いてしまいました。
残りの1本も、向きがイマイチだったので、とりあえず割り箸に誘引して矯正中でございます。
イヤ、支柱は買ってあるんですけど、もうちょっと伸びてからのほうがいいかなって!アハハ

<6月6日>

ど真ん中の、すっくとまっすぐな枝が、上の写真で一番奥にあったシュート。
1週間ちょっとでもうこんなに伸びています。すごいな~!


2本並んだちびちびシュートも、グイグイ来てます。


で、シュートはよくて、ツボミ。蕾なのですよ。

<5月17日>


以前お伝えしましたように、この蕾は20℃超えの中でも3日間動かず、切ってクリザール入りの花瓶に活けてみても動かず、最外部の花弁が硬くなっていたことから咲かないと判断してサヨナラしてしまいました。

そして来た次なる蕾。

<6月1日>

<6月2日>

<6月3日>


わかりますか?ちょっとずつ動きがありますよね?
すこーしずつガクが開いてきてるんです。

そして6月6日。


ガク、下りたる。
…もしかして、もしかして、プリンス様って超おっとり!?

翌、6月7日。


皇子は開きかけなるが香りいみじう強く、賭夢はいと驚きき。
(現代語訳:皇子は開きかけだが香りはとても強く、トムは大変驚いた)


最終形はこれでいいのでしょうか。
<6月10日>


これ…ロゼットですよね。
だから完成形でいいハズ…(記載時6月10日)。

花径は5cm弱。色は明るく、花弁は全体に縮こまったような感じ。
でもでもこれが今のプリンスの実力、まぎれもなく開花でよろしいですよね!?
香りはデュブリュイと似ていますが、王子のほうが後味キリリみたいな印象。


実は、1個目の蕾が不発(と判断した)のあと、「ザ・プリンス バラ ボーリング」を検索ワードにしてトムは調べまくりました。
しかし「プリンスホテルでのボウリングが半分くらいだったりして…。


<気分的にはガターです>


結局、「プリンスはボーリングしやすい」という情報には行き当たらなかったんですよね。
あったのは、「開花がゆっくり」という記事。
秋だけでなく、春でも開花の進行はゆっくり傾向…ということは…

前回も待っていたら開花したかもしれない


ああ~、またやっちまった~!!!
基本的に「経験が浅い」という決定的なビハインドはあるにしても、デュブリュイ氏への摘蕾といい、プリンス様への狼藉といい、トムは赤黒バラ様とリズムが合わないのでしょうか…。
そしてプリンス様は、カタログにあるようなぎっしりどっしりのお姿で咲いてくださる日が来るのでしょうか…。
おうちにプリンス様のいらっしゃる先輩方、もし育て方のコツなどありましたら是非にお教えくださいっ






にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

TAG : ザ・プリンス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。