スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014春 総括④「クイーンオブスウェーデン」

は~
早々と箱庭のバラパーティーが終わってしまいまして、虚脱気味のトムでございます。
もしやローズロス症候群!?ゼッタイありますよね、これ

イヤイヤ、アンブリッジは遅い1番花なのか早い2番花なのか、確認してないのが1輪咲いてるんですけどね。
チュチュもまだ蕾がいくつかありますし。
でも、全鉢お礼肥をし終わって、枝抜きもして株元スッキリさせちゃうと、なんだか手持ち無沙汰で…

しかし病害虫はこれからが本番。
特に箱庭ではハダニが最重要課題です。
大発生させずに夏を乗り切らなくちゃ!


では今回の総括、「クイーンオブスウェーデン」でございます~


[基礎データ]
ER
耐病性 強い
開花 四季咲き〜返り咲き
花径 8cm
花形 カップ咲き
香り 中
発表 2004年
交配親 未公開×Charlotte
ベーサルシュート 更新する

(別冊NHK趣味の園芸「イングリッシュローズのすべて」より)

[箱庭での栽培環境]
南東向き
日向
風通し良好
軒下(ただし強雨や風のある場合は濡れる)

[経過]
2013年
9月20日 鉢苗として到着(DA rosesよりネット購入)
9月下旬 黒星病の兆候あり、1/4ほど葉を処分
11月初旬 水枯れによると思われる葉の黄変あり → DA rosesに問い合わせ
11月6日 DA rosesからの指示通り、1/2ほどに剪定
11月下旬 新芽の展開が始まる
2014年
1月5日 葉むしり完了
1月30日 冬剪定(株元から15cmほどで、というDA rosesの指示に沿う)
3月初旬 萌芽
4月中旬 蕾を確認
5月9-10日 一番花開花

[冬剪定]

<2013年11月5日 黄変時> 何度見ても胸が痛むぜ…

<剪定前>

<剪定後> たいして変わりませんっ

<翌春>

女王もちゃんとした正面像がなかった…来年の反省点ですわ!

[病害虫]
2013年9月下旬 アンブリッジとほぼ同時期に黒星病になったが、アンブリッジほど被害は拡がらなかった。
虫による葉の食害はそこそこ。アブラムシは見かけず。
現在、ハダニが少々…。
スリップスは少ない。

<2014年春>


[現況(一番花切り戻し後)]
7号鉢 (リッチェルカラーバリエ)
樹高 40cm
枝張り 40cm

[その他]
・何度も記事に取りあげているけれど、クイーンには昨年お迎え早々に水枯れによる大ダメージを与えてしまいました。
 DA rosesに問い合わせたところ、指示は「1/2剪定して3週間ほど待ち、新芽が展開してくればよし。鉢は10号に」ということでした。
 しかしこれだけの樹勢で葉も少ないのに、10号鉢って根腐れしないの!?というのがトムのソボクな疑問(そのときは届いたままオースチンポットに植わっていた)。
 その点を再度問い合わせたところ、「水やりを加減すれば問題ない。小さめに育てたいなら8号でもいいが、植え替えは基本的に8号以上に」とのこと。
 …トムは迷いました…今、プロの指示通りにするか、ミニバラたちよりも勢いのない印象を信じて小さめの鉢に植え替えるか…。
 結局、「鉢が小さくても、春の開花後に鉢増しすればいいんじゃないか?」と考え、7号鉢に植えて、水枯れには細心の注意を払いつつ様子を見ることにしました。
・結果、水の要求(鉢が軽くなるスピード)はほかの鉢より速いものの、正常範囲内と思われる水もちで推移し、無事に春の開花(6個)を迎えました。
 「夏以降の生育が大きい」と本に書かれていたので、今後の観察で水切れがさらに早くなるようなら8号への鉢増しを計画。
・直立性ってこういうことなんだー!と実感する樹形。ほんとにスリム。
 もっと株に力をつけて、花束みたいにうわっと咲いてほしいなあ!地道にお世話をがんばろうっと

<2014 5月17日>

<翌5月18日>

今年も精進しますので、ご機嫌よろしゅうに、女王陛下!





にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

2014春 総括③「ベルガモフォーエバー」

みなさま、こんにちは

突然ですが、トムは、先日こんな夢を見ました。

よく晴れた日。
トムは外出の予定があり、オットに子らをまかせて出かけていく…というところから始まります。
バラ様たちに目をやると、なんだかうなだれ加減?気のせい?
ああ、でも時間がない、もう行かなくちゃ…すぐ帰ってくるから、そしたら水やりをしよう…。

トムが不在となった箱庭。
しかしトムの視点は天上にあり、箱庭を眺めおろしています。
そんな箱庭に、ひとりの紳士が。
その紳士こそ、かの有名なローズアドバイザー・「有○薫」先生だったのです…!

簡単に美しく咲かせる バラのコンテナガーデン簡単に美しく咲かせる バラのコンテナガーデン
(2004/09/30)
有島 薫

商品詳細を見る

<顔写真を出すのははばかられるので、ご著書を>

有○先生はバラ様たちを一通り見渡して何事かおっしゃいます。
でもトムには聞こえない…。

…気がつくとトムは帰宅していて、バラ様たちのお世話をしようとジョウロを手にします。
そして箱庭のバラエリアに向かうと、なんと、なんと…
バラすべてがゲンコツ剪定されているではありませんか!!!

呆然とするトム…は呆然としたまま目を覚まし、夢であったことを知りましたが、衝撃の余韻はその日一日続いたのでした…。チャンチャン♪

こんな夢を見るなんて、トムも真のロザリアンのはしくれとして認められた(?)のでしょうか
いやー、しかしものすごい衝撃だったなあ…。


とまあ、そんな話は置いておきまして。
前回に続き今回もミニバラ。「ベルガモフォーエバー」でございます!


[基礎データ]
Min
耐病性 公式データとしては掲載されていないが、強健と思われる
開花 完全四季咲き
花径 8~10cm
花形 丸弁咲き
香り 微香
作出 デンマーク Roses Forever社

(一部、セントラルローズ公式サイトより)

[箱庭での栽培環境]
南東向き
日向
風通し良好
軒下(ただし強雨や風のある場合は濡れる)

[経過]
2013年
3月28日 鉢苗として到着(セントラルローズでネット購入)
8月30日 夏剪定
2014年
1月5日 葉むしり完了
1月30日 冬剪定
2月下旬 萌芽
4月下旬 蕾を確認
5月11-12日 一番花開花

[冬剪定]

<剪定前>

<剪定後>

<翌春>

真正面からの全体像を撮り忘れた…
もしや黄色く咲いたのは愛情不足!?ゴメン、ゴメンヨー

[病害虫]
2013年 黒星病なし。秋に数枚の葉がうどんこっぽくなったが、薬剤散布1回で治癒。
虫による葉の食害は多め。アブラムシは見かけず。
スリップスは多い。

<2013年春>


[現況(一番花切り戻し後)]
8号鉢 (リッチェルカラーバリエ)
樹高 50cm
枝張り 65cm

[その他]
・夏剪定はチュチュと同じ日にしたけれど、開花はチュチュよりだいぶん遅れた(記憶)。
 花つきや、蕾が上がってから開花までの間隔は、やはりミニと言うより大バラの感じ…。
 いちおう、調べてみたミニバラの定義を記しておきます。
<ミニバラの定義>
 ①樹高50cm以下
 ②花径5cm以下
 ③ロサ・キネンシス・ミニマの系統を引く
 条件を1個でも満たせばいいのか、2個ないし3個満たすものをミニと呼ぶのかは不明。
・丈夫で花もちがよく、葉を虫に多少食われてもまったく影響なし。
 そんな健康優良児・ベルガモの(トム的)課題は、とにかく「白く咲かす」こと!
 ガクが開き始めたら即日陰、を実践して、白く咲くか実験してみなければ~
 ほかにもいくつか、花色の調節のために日陰が必要と思われる品種があるので、日陰を作る工作をする…予定…

<2013 春>

<2014 春>

も、もう一声!もう一声の白さなのよー!





にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

2014春 総括②「チュチュオプティマ」

5月も下旬というのに、今日は肌寒いヨコハマです(記載時 5月23日)
最低気温14-15度、最高気温 21度。
今年の夏はエルニーニョ現象で冷夏だという予想が出ていますが、この寒さもその影響なのでしょうか…。
バラ様にとっては夏が涼しければしのぎやすいのだと思いますが、農作物にはいいことではないですよねえ。
なにごともほどほどが一番!日本人的発想?


さて今回の総括は「チュチュオプティマ」です。


[基礎データ]
Min
耐病性 公式データとしては掲載されていないが、強健と思われる
開花 完全四季咲き
花径 5~6cm
花形 半高芯剣弁咲き
香り 微香
作出 オランダ De Ruiter社

(一部、セントラルローズ公式サイトより)

[箱庭での栽培環境]
南東向き
日向
風通し良好
軒下(ただし強雨や風のある場合は濡れる)

[経過]
2013年
3月22日 鉢苗として到着(近隣ショッピングモールの園芸店で購入)
8月30日 夏剪定
2014年
1月5日 葉むしり完了
1月30日 冬剪定
2月下旬 萌芽
4月下旬 蕾を確認
5月10-11日 一番花開花

[冬剪定]

<剪定前>てっぺん、見切れてます

<剪定後>

<翌春>


[病害虫]
2013年7月 ハダニ → 全体の1/2強をやられた。被害のあった葉を取り去り、軽く剪定して薬剤散布。
記録がないのでうろ覚えだが、9月初旬にはもう葉がフッサフサであったような。
黒星病、うどんこ病はなし。
虫による葉の食害はほとんどない。アブラムシも見かけず。
スリップスは少なめ。

<2013年秋>



[現況(一番花切り戻し後)]
7号鉢 (リッチェルカラーバリエ)
樹高 40cm
枝張り 40cm

[その他]
・初めての夏剪定、せっかちなトムは8月下旬にやってしまったが、早すぎた!と後日反省。
 まだ残暑のうちに秋花が咲いてしまったので、最初の10個近くが濃いピンクのパッカン咲きになってしまったのです
 これはその年の天候にも左右されるので一概に言えないが、ベルガモと違ってチュチュは次から次へと咲くため、秋遅めに咲き始めてもシーズンオフまでじゅうぶん楽しめると思われる。
 よって、今年の夏剪定は遅めを意識することに。
・冬剪定ももちろん初めてでキンチョーしたが、とりあえず基本通り、よい芽の上で1/2前後を意識してカット。
 春の様子を見て、なかなかよかったのでは!?と自画自賛した
 トム宅では壁際に設置しているため、基本的に「一方向からの鑑賞」。
 なので、小山内先生がどこかの本で言ってらした「ソーラーパネルのような形」、つまり手前は低く、奥は高めに、平面を作るような気持ちで剪定した。
・チュチュもベルガモのように、紫外線量が多いと色が濃く出てしまうので、日陰を利用した花色の調節が今後の目標

<2014春 蕾も花もかわいいお嬢様>







にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

TAG : チュチュオプティマ

2014春 総括①「アンブリッジローズ」

みなさま、こんにちは!
トムの箱庭では、バラの宴も終盤です。
宴を長く楽しむには、早咲き・中間咲き・遅咲き各種をそろえねば…と実感

二次会の準備をなさっているバラ様もいらっしゃるのですが、それはまた後日…。
しばらくは「総括」として、各バラのデータや経過などを覚書のために記すことにいたしました。
面白みのない記事が続きますが、よろしければご覧くださいませ

では今回は「アンブリッジローズ」、まいります!


[基礎データ]
ER
耐病性 普通
開花 完全四季咲き
花径 8cm
花形 カップ咲き~ロゼット咲きに変化
香り 強(ミルラ香)
発表 1990年
交配親 Charles Austin×実生
ベーサルシュート 更新しにくい 

(別冊NHK趣味の園芸「イングリッシュローズのすべて」より)

[箱庭での栽培環境]
南東向き
日向
風通し良好
軒下(ただし強雨や風のある場合は濡れる)

[経過]
2013年
9月6日 鉢苗として到着(DA rosesよりネット購入)
9月8日 夏剪定
9月10日 黒星病の兆候あり → その後、葉を半分ほど失うが盛り返す
10月18日 黒星病後、最初の花が咲く
2014年
1月5日 葉むしり完了
1月30日 冬剪定
3月初旬 萌芽
4月初旬 蕾を確認
5月2-3日 一番花開花

[冬剪定]
ああ、背景がまっ白いところで撮ればよかった…

<剪定前>

<剪定後>

<翌春>




[病害虫]
2013年9月 黒星病 → 罹患した葉を取り去り、薬剤散布。その後は再発なし。
うどんこ病なし。
虫による葉の食害はそこそこ。ハダニ、アブラムシは見かけず。
スリップスは少なめ。

<2013年秋の1号>

<2号>



[現況(一番花切り戻し後)]
8号ロングスリット鉢
樹高 60cm
枝張り 70cm

[その他]
・一番花は25、6個。
 そのうち、最初に咲いた10数個は最大径12cm前後だったが、残りの花は8cm前後となった。
・側蕾はほぼすべて摘んだ。
 実験のため残した枝では、主蕾は12cmの大輪になり、主蕾のあと咲いた側蕾は6cmほどとやや小ぶり。
 側蕾があっても主蕾のサイズに変わりなかったため、今後の側蕾摘みはテキトーにする
・昨年秋は黒星病後だったので、花は2個しか咲かせなかった。
 それらは上を向いて咲いたので、「うつむく花」という印象はなかったのだが、春は細い枝に花がついたためか、ほとんどが「おじぎする」「うなだれる」状態だった。
 花つきはよかったのだと思うが、アンブリッジは「うなだれて」いい品種なのかしらん?
 「イングリッシュローズのすべて」だと、「花首は強く上を向く」と書いてあるし…冬剪定で細めの枝を残しすぎたのかな?

<2014春 デルフィニウムとむりやりコラボ>







にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

白き天使の舞い降りて -ホワイトメイディランド-

今年も、トムの住む横浜では ゲリラ豪雨 がたびたび起きていますけれども、みなさまがたの地域ではいかがでしょうか。
せっかくの花が傷んだり散ったり…それも自然界に生きるもののさだめでしょうが、ロザリアンの祝祭が一日でも長く続くことを祈るトムでございます


さて、5月も半ばを過ぎましたバラの宴@トムの箱庭。
ピークを越えて、おひらきも見えてきた会場に、ふんわりと舞い降りたお客様が。


「なんとも狭いところじゃのう」

あ、あなた様は…


「ホワイ○○イディラン○」葉っぱとビニタイで伏せ字に
…って伏せ字にする必要ありゃしませんがな!


「われはホワイトメイディランド、神の白き御使いであるぞよ

ははー!!!

うっ、美しい…本で見るよりもさらに美しいではありませんか。
オールドローズのような風情、純白と言っていい花弁。
これはうれしい!

このホワイト様、あーだこーだとトムが足りない知恵を絞って検討した品種(よろしければ、過去記事をご参照ください)。
ベランダから下垂させて外壁に白バラをまとわせるという壮大な計画を立て、そのために入手を考えていたバラ様なので、数年後くらいから始める長期計画で行こうかな~と思っておりました。

しかしこの春。
「白さ」を期待していたベルガモ様が黄色くお咲きになり、マダムアルディ様にいたっては紫に咲く(注:品種違いだった)という非常事態。
コスモス様は立派に白バラとしてのおつとめを果たされておりますが、いかんせん1種類では…


「た、足りない…血が白バラが足りない…ッ!

そうです。トムは白バラに飢えたモンスターになってしまったのです!
その荒ぶる魂を鎮めるため、白き天使・ホワイト様にご降臨願ったというわけで…、ってはい、言い訳です


新苗を購入したのは初めてなんですが、ホントに「赤ちゃん」って感じの苗なんですねえ。
ラベルに「修景用」と書かれているように、強健なのは折り紙つきだと思うのですが、大事に育てなくては

ちなみに、よいとされているホワイト様の花もち。
さっそくチョキンして、
・ただの水に活けたホワイトメイディランド
・クリザール入りの水に活けたクイーンオブスウェーデン
の比較実験を行いましたが、前者のほうが長くもちました。
強くて美しくて花もちがいい…まさに天使レベル
「強い返り咲き」ないし「四季咲き」とされているので、うまくいけば秋にもう1回お顔が見られるかな?
これからの成長が楽しみです






にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

TAG : ホワイトメイディランド

この春の予想外

全8品種(暫定)でお送りするトムの箱庭バラパーティー、ピークは過ぎた模様でございます。
バラそれぞれの経過など、また追ってお知らせしたいと考えておりますが、本日は「この春の予想外」と題しまして、小ネタ3連発いってみたいと思います!


[File.1 「種まく人」その後]

トム、種まきデビューを果たしたのがこちら。

4月11日


ではその後です。

5月18日


衝撃の発芽率、1/9!
えーと…正しく言うなら、ひまわり1/4、マリーゴールド0/5…。

原因はなんでしょうか。
①種の保存方法に問題があった。
②種まきしてからの世話に問題があった。

①に関しては、種まき記事で述べたように、種はもともとご近所のお姉ちゃんからいただいたもの。
お姉ちゃんが、いつ、どこで、どうやって手に入れたかはわからない種ではあります。

いっ、いえいえ、お姉ちゃんのせいにしているわけではありませんっ
②かもしれませんし!
乾かしちゃったのかなあ…ともかく、なんともお恥ずかしい結末
これが第一の予想外でございます。


<お兄ちゃーん!>

唯一芽を出したひまわり様を、大事に育てる所存…。


[File.2 オルレア]

昨年秋に、バラ様のお供にと植えたオルレア。2株です。

2013年2月6日

左のマルがオルレア。右のマルはデルフィニウム。
冬の時点で、遠目にはよくわかりません。

2014年4月29日

ボリューム感が把握しにくい画像で申しわけありませんが、花壇に植えたローズマリーをぐいぐい押しやる勢いに。

5月18日

花壇のへりに覆いかぶさっています!
同じ2株でも、デルフィニウムのなんとおとなしいこと。ぽつーん

別アングルで。

花壇がほとんど見えません。

たった2株からこんなに育つと思わなんだ…。
「オルレアってこぼれダネでも増えるんだ、ラッキー♪」なぞと浮かれていた自分よ、バカバカ!
これが第二の予想外です。


<お兄ちゃん、ふたたび>

来年の春にどうなるのか読めませんが、コントロールが必要になるのかもしれません。


[File.3 王子の目覚め]

思いもかけず、4月にお迎えした「ザ・プリンス」様。
このお迎え自体が予想外といえば予想外なのですが…。

4月24日


病に身をやつし、箱庭にいらした王子。
さすがに薬剤を使って様子を見ておりました。
アブラムシは消滅、黒星とうどんこは忘れた頃に少し出たりしましたが、そのつど消毒。

5月9日

蕾を確認!
迷いましたが、咲いていただくことにして放置
ほか、ベイサルシュートやサイドシュートの先端に蕾がつきましたが、これらは摘みました。

5月12日

ああっ、ガクの間から高貴なお色がっ

全体像はこんな感じです。偏ってます!いいんだ咲いたら切り戻すから…


5月16日

ふくらんできて…

5月17日

おちょぼ口!
いやがおうにも高まるトムの期待!


は~い、終了~

…ええ、そうです。ここで終了なんです。
そう、つまり王子は咲かなかったのです!

おちょぼ口のまま丸三日間、微動だにせず。この季節、もちろん最高気温は連日20℃超え。
さすがにおかしいと思い、触ってみたら花弁がカチカチに固かったのですわ…

ボーリングだったのか、中にいたスリップスたちのせいなのかわかりませんが、とにかく不発に終わりました。


「すまない、ばあや…」 ああっ、王子じゃなくて皇子でしたのねっ

この悲報、これが第三の予想外です。


<お兄ちゃん、みたび もういいよ>

…まあ、大きな葉が増えてきましたし、病気も落ちついているので、このまま育っていけば近いうちにお顔が見られるでしょう。


ということで、「この春の予想外」三連発。
トムの箱庭からお送りいたしましたっ!





にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

鈴なり乙女 -ローブリッター-

みなさま、こんにちは
全国各地でバラ様の宴が勢いよく繰り広げられているようですが、地域ないし品種によってはラッシュが終わって一息のところもございますでしょうか。
トムの箱庭でも、アンブリッジは最後の一番花をチョキンしました


さて、では華麗なるローズチームの8番目は…

2014年3月4日

おっとり始まりだったローブリッターちゃん。
ミニバラたちがボウボウ芽吹いていても、おとなしくちんまりしていました。

3月23日

3月下旬になり、ようやく芽が伸びだしたかと思ったら

4月1日

エイプリルフールにはこんなに葉が!

4月29日

虫に食われた跡など少しありましたが、無病息災でたくさんの蕾があがってきて…

5月7日

ガクの間からピンクをのぞかせ、丸っこくなってめんこいめんこい

5月9日

はっきり花の色を示した蕾も現れて、楽しみにしつつもほかの開花バラ様たちと踊っておりましたら

5月11日 午前7時

いつのまにか咲いてるし

確かに5月10日は、蕾だったと思うんです。
開きかけ、とかおちょぼ口、とかでなく、ガクはおりてるけどツンとした「蕾」。
それが11日には「花」になっていたわけです。
花弁が少ないと開くのが速いのかしら?
それにしてもピンポン玉のようなフォルム、ハート形の花弁、濃すぎず薄すぎないピンク色…
カワイイっ!!!

午後にはしべを見せて、お隣のベルガモにごあいさつ。

ロ「はじめましてー!」
べ「あ、ども…

5月12日

翌12日には、まんべんなく開花が始まってきました。

5月13日

いやー、何度見てもカワイイ。
カワイイしか言えません。

5月17日

蕾の8-9割が咲きました。
「一季咲きだが、花もちがよいので長く楽しめる」と言われている通り、しべが見えたらそれ以上は開きもせず、散りもせず、色が淡くなるだけでそのまま。
「鈴なり」というコトバを思い出す姿で、トムの胸はきゅんきゅん

5月18日

蕾は残すところ数個。
お隣さんちのレンガ調外壁を借景にして、かわいくかつエレガントに


花もちがいいと、ちゃんと房咲きになるんですね
チュチュもコスモスも房咲きになってくれましたが、(仮)マダムアルディはあっという間にチリチリになってバサっと散ってしまい、房にはなりませんでした。


予想以上のかわいさで、予想以上にたくさん咲いてくれたローブリッターちゃん。
今年の「ベストカワイイ賞」はあなたに決まり!
チュチュももちろんカワイイのですが、あちらが可憐でありつつも華があるのに対し、ローブリッターはどことなく牧歌的なかわいさなんですよねえ…。


チュチュがこうなら


ローブリッターはこうかな?



これは来年(可能なら…)トレリス仕立てへの期待が高まります!
がんばるぞー!




にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

TAG : ローブリッター

あなたに花束を -チュチュオプティマ-

開花ラッシュの中、息子(2歳)が5/13-17まで5日間の発熱祭を開催し、花々をじっくり愛でる時間がとれなかったトムです。
みなさま、お元気ですか!


本日はプリンセス・オブ・ミニバラ、「チュチュオプティマ」でございます。

2013年春

2013年秋


チュチュといえばこの透明感あるピンク
以前にも何回か書いたのですが、2013年夏はハダニにたかられまくって、かなり消耗しました。
しかし秋には見事な復活を遂げ、一部の摘蕾ののち可憐な花を15個ほど見せてくれたものです。
病気はゼロでした

2014年2月24日

箱庭で一番乗りの芽吹き。

3月15日

ベルガモと同じく、ごっそり芽かき。
チュチュはトゲが鋭いのに枝と枝の間が狭く、手入れが大変です。
手袋をしているとひっかかってやりにくいので素手でやっていましたが、傷だらけの天使 になって懲りたので、その後はピンセットを買いました。

4月29日

ほとんどが房咲きの様相で、ぎっしり蕾!
もはや面倒なので数えませんでした
いつ見ても葉がぴっかぴかでキレイです。

5月7日

下のほうの蕾がほどけてきて、淡いピンクのグラデーションが。
ああ、蕾からすでに美人~

5月9日

おしとやかに蕾が開いてきています。


全体像はこんな感じ。光が強すぎるなー
色づいた蕾、開きかけた蕾が点々と…

5月10日

プリンセスが微笑めば、少々の雨染みなどなんのその。

5月12日

さあ、花束のようになってきました!

5月14日

箱庭を背景にパチリ
チュチュも写真が難しいバラのひとつではないでしょうか。
微妙な色合いがうまく出なくて、ばしっとしたピンクに写ってしまうんですよねえ…。


現在も続々と開花が続いて、立派な花束に。
花もちがよく花数も多いので、どう花がら摘みをしたものか迷っております。
一気に咲かせて一気に切り戻すといいのかなあ?
チュチュをお育ての方々、ぜひ経験談をお聞かせください


[続報]
前記事(ベルガモフォーエバー)で触れた「ベルガモを白く咲かせたい」件について、セントラルローズさんにお聞きしたところ、お返事をいただきました
追記しましたので、ご興味のある方はどうぞお読みくださいませ~。






にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

TAG : チュチュオプティマ

ミニの白バラ王に、俺はなる! -ベルガモフォーエバー-

みなさま、おコンニチハ

開花が続く中、何度か雨が降っておりますヨコハマ。
トムの箱庭では玄関脇の軒下をバラエリアにしておりますが、軒があまり深くないので、雨が強かったり風を伴ったりすると花弁が雨で多少傷みます
ま、コンテストに出すわけじゃなし、染みができたとて大勢に影響はありませんが、やはり「かわいい子の顔に傷はつけたくない」オヤゴコロ…。
そうは言っても屋内に鉢を取りこむスペースはございませんので、雨の間は気を揉むだけです
いけないわ~、バラ育ても子育てもおおらかでなくっちゃね~


さて、お次の開花報告はミニバラ「ベルガモフォーエバー」。
昨年春、チュチュオプティマでバラにハマり、直後にネットで購入した白バラです。

2013年3月中旬~下旬




なんとも清らかでみずみずしいお顔!
ミニバラの中でも大輪系とされているだけあって、最大径9cm前後で咲いています。


「ハイ、いいですかぁ~、ここテストに出ますよ~!覚えておくんだぞぉ~!」
えっ、テストに出る!?
メモメモ
「白くみずみずしい顔」、と…。

2013年は、虫には標準的に好かれていましたが、チュチュがこてんぱんにやられたハダニはほとんどつかず。
病気は、ごくわずかにうどんこっぽくなりましたが、数枚の葉にちょっぴり出ただけで、すぐ治まってしまいました。
◎の健康優良児で樹勢も強く、ぐいぐい大きくなって、冬の鉢替えでは8号に。


2014年2月25日

萌芽はチュチュに次いで早くみられました。

3月15日

あまりにも芽が多かったので、がっつり芽かき。
やりすぎたか?と冷や汗をかいたものの…

4月29日

芽かき足りなかったと思うほど葉がみっしりになり、4月中旬に枝抜きしつつ触知した小さな蕾が、下旬には側蕾つきでぷっくり

5月3日

ガクに隙間ができてきて

5月7日

全貌が明らかに。

5月9日

外側の花弁が開いてきました!
なんだかハイブリッドティーのようなお姿です

5月10日

きりりと美しく…

5月12日

来ましたベルガモフォーエバー最大径10cm強
クイーンより大きいです

ミニバラより大きく大バラより小さいのを「パティオローズ」と呼んでいる本をみかけましたが、ベルガモもそのくくりに入ってしまうような…?
とにかく安定して9cm以上で咲いています。

5月13日

しべが見えて完成。


♪キーンコーン カーンコーン♪
ガラッ


「みんなぁ~、席に着けぇ~。テストを始めるぞぉ~!」

「問: ベルガモフォーエバーは何色のバラか答えよ。(10点)」

カンタンカンタン、さっきまで見てたもん!ラッキー!

「答え:クリーム色(薄い黄色)」



「こんっ、ばかちんが!ベルガモは、白でしょぉ~!!!

そっ、そうだった!
ノートにはそう書いてあった…というか去年の春は確かに白バラだったんだわ…。

でもねえ。

2013年4月16日

2013年10月12日


一番花以外はみなクリーム色。秋もクリーム色。
買ったときに咲いていた花、もしくは蕾しか白くなかったんです。つまりナーセリーで管理されていた部分ということですよね。
3月にもう蕾つきだったということは温室育ちのハズ。
紫外線量とか、コツがあるのだろうか…。

花つきはそれほどよくなく、次から次へ咲くタイプではないのですが、花もちはすばらしくいいです。
昨年はさわやかなティーっぽい香りがうっすらしましたが、今年は渋茶の香りでした

う~~~ん、なんとかしてまた白い花が見たいなあ…。
セントラルローズさんに聞いてみようかしら

ちなみに、この「クリームバージョン」ベルガモのソックリさんがいます。
こちらです!


<ハイブリッドティー「エリナ」>
どの本で見ても、写真だけでは区別がつかないほど似ています

もー、白く咲かないとこれからエリナって呼んじゃうぞー


<追記(2014.5.17)>

「ベルガモを白く咲かせたい」件についてセントラルローズさんにうかがったところ、お返事をいただきました

「クリーム色~黄色に近い色になってしまうのは、日射量が多い為、濃い色が出てしまいます。
白色に咲かせる方法と致しましては蕾が膨らみ、色が少し見えてくるまでは今までと同じ日当たりの良い場所に置いて頂き、
色が見え始めたら日陰に置いて頂ければ白色のお花が咲いてくると思います。」

とのことです。
よっしゃあトライだ!





にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

TAG : ベルガモフォーエバー

強く、気高く -コスモス-

最高気温25℃前後の晴れが続き、クイーンのあとはいっせいにあちらこちらが開花しました
どちら様からご紹介するか迷いましたが、まずはこちらから!

2月22日

大苗でいらした、ドイツはコルデス社の「コスモス」様 

耐病性にすぐれ、横張り~枝垂れ型で白花、ということで探したバラです。

3月4日

太くすうっと伸びた枝から、やる気みなぎる芽が出てきました。

3月24日

ツヤのある、細長い葉がイキイキと展開。

4月3日

ぷちっと触れる蕾が確認されて

4月17日

主蕾・側蕾、立派なもんです

4月29日

さあ、ガクをむぎゅーと押しやって、花の色が見えてきましたよ!

しかし、ここからが長かった…

5月3日

めでたくおちょぼ口になりましたが。

5月5日

5月7日

5月8日

5月9日



Werde ich zum Augenblicke sagen: Verweile doch, du bist so schoen !
「時よとまれ 君は美しい」


ドイツの大文豪・ゲーテの作品「ファウスト」に出てくる言葉ですが、さすがコスモス様、ドイチェローゼン!
お国柄を地でいっている…ということなのでしょうか…
晴れて気温も低くなかった、というかむしろ高めだったのに、亀の歩みです。
フロリバンダってこういうものなのでしょうか?


しかし、ついに。

5月10日

状況が大きく動きました!
花弁のフチのひらひら感、ごくごく淡い色のグラデーション…すばらしい美人です!

5月11日

このくらい、8分咲きくらいが一番きれいな気が~
ほんのり、あっさりフルーツ+渋めのティーのような香り。
イングリッシュローズとはまた違った趣で、トムは大変ご満悦です!
派手さはないけれど確かに美しく、気高く、強く…うーん、ドイツっぽい! 注:いろいろ思いこみが入っています

コスモスで検索したブログのひとつでは、「ブランピエールドゥロンサールにタイマンはる美しさ」と書いていらっしゃいましたが、それも納得でございます~。

5月12日 午前7時

中心がぐいっと開きつつあり、花底に薄い黄色が見えます。

5月12日 午後3時

これが最終形になるのかしら?
ずいぶんまた顔が違います。
これで最大径は12cm!大きい!

蕾はまだまだありますので、一気に咲いてくれるとステキな株姿になりますでしょうなあ
花弁が厚くて、花もちはよさそう。
箱庭にドイツの風を吹かせておくれ~






にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

TAG : コスモス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。