スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラの好みも七十五日

おはようございまーす♪
なかなか寒さがゆるまなくて、ここ数日、庭になかなか足が向かないトムです…

そんな季節、家事の合間のひととき、目を閉じて妄想ガーデニングプランを練りましょう。


そうね、箱庭と駐車場脇の見通しがたったら、次はベランダ。
「張り出た木目部分には白バラを垂らす」というイメージは変わらないけど、あら?ベランダの壁面が空いているわ? ← 今気づいたかのようですが、もちろん想定内でした うふふ♪ ロザリアンなら当然ですよね♪
ここにはどんなバラがいいかしらね…。


<ココです>

見上げて撮った写真なのでスケールがわかりにくいですが、高さは2m以上。
幅としてはこんな感じ。

ベランダ

なので、ここに大鉢を置いて…。

ベランダ2

花台に鉢を乗せて少し高さを出し、壁の上方も利用して誘引すると、けっこう伸びる品種でもいけるかなって

で、花色なんです。
壁はまっしろ。
以前は、
「遠くからでも目立つオレンジ系がいいかな~、まだ持ってないし、庭には色のバランス的に置きにくいし~
と思ってたんですが、最近は「赤」と「紫が本当に気になるようになっちゃって…。
バラにハマりたての頃は、ピンクとアプリコット命だったんですけどね。
そして今でもそれらの色は大好物ですけども、好みって移り変わりますね~。

しかし「赤バラ」、場所は違えど
・ザ・プリンス
・フランシスデュブリュイ
・紅玉
と3品種が我が家にあるんですね。
プリンスとデュブリュイはコンパクトだけど、紅玉はそこそこ面積を広くとりたいので、景観全体としてあまり赤を多くもってきちゃうと落ちつかない…。

と言うと紫かしらね、と考えているのがこれらの品種(写真はすべて「バラの家」様からお借りしました)。


<ユアインネルンアンブロ>

品がありながらはっきりした色で、きっと白壁に映えるわ~


<マニントンマウブランブラー>

このテの色のバラって思ったよりピンクっぽくなるものが多いみたいだけど、これはラベンダー色を保ってぎっしり咲いてくれそうなのよね


<アイヴァンホー>

強香で耐病性/樹勢ともに強く、枝が細くしなやかで誘引しやすい…とキタ!これもいいわ~


どれがいいかなあ…と考える至福の時間

「トムさん、妄想もいいけど、お雛様…出したら?」
すいませんっ、い、今すぐ出しますーーーっ!!!






応援してくださるみなさまのおかげでがんばれます!
ビギナー・トムの喜怒哀楽に、よろしければ愛のポチを ♪
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

どれにする?③

さてさて、
「ベランダから下垂させる白バラ」選びでございますが。
本日も生バラ写真がございませんので、
トムの箱庭で昨日咲いた花をまず…。



クロッカスです
春が一歩一歩、近づいてきている証ですね~。




前記事でのお勉強でわかったこと。
それは、
「本によって書いてあることが違う」
ということです。

特に、「オールド・ローズとつるバラ図鑑」における樹形区分と、
「バラ大百科」における樹形の記載とに差違がある印象。
あとは、「四季咲き」なのか、「返り咲き」なのかという点ですね。
よく返り咲くのと、四季咲きなのとの違いって…ナニ?

トムのビギナーさ、まるだしです。
でも、骨子はどの本でもだいたい同じだし!うんうん!

参考書の次は、現場の声。
そう、先輩方のブログを検索・拝見いたします。

トムの希望である「ベランダから下垂」に近い仕立て方をしていた記事は、
ホワイト・メイディランドと、
スワニーの色違い「ピンク・スワニー」にありました。

アルバ・メイディランドは、より樹勢が旺盛な感じで、
樹高もホワイト・メイディランドよりありそうです。
シー・フォームはブログ記事そのものの数が少なかったのですが、
とにかくよく咲くということと、ピンクがかった花が多い印象でした。


う~~~~~ん…
と、とりあえず一回、ブレイクを入れて…



アネモネ ポルトの「スカーレット」
箱庭のグラウンドカバーには、
ディコンドラを使っています。
昨年秋にそこを何か所かくりぬいて植えた苗から咲きました。
開花してから二度の積雪に見舞われたのに、
花弁はほとんど傷んでいません。
華麗なのに根性があります



では、話題を戻しまして。
各品種の記載をつらつらと見ていて、
トムの心にぐっと来たのはこのキーワード。
「耐暑性」です。

このキーワードが入っていたのは、
ホワイト・メイディランドだけだったと思います。


我が家は南東向き。
周囲に高い建物はなく、ベランダにひさしはありません。
つまり、「夏、むちゃ暑い」んです!

暑さにも負けず、涼しげな美花をあげてくる(@京成バラ園 バラコラム)という
ホワイト・メイディランド。
花が雨に強いというのもポイント高し。

決定!
ホワイト様に来ていただくことにします!!!

いつ、どんな形でお迎えするかはまだ未定ですが、
そしてベランダの鉢で、どこまで立派にお育てできるかわかりませんが…


待っててね~、わたしのホワイト様~!





↓登録してみました。よろしければポチ、お願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

どれにする?②

今日はまず、これを言わなくては。

真央ちゃん、がんばったね!!!
涙が出ました。
4年前にも感じたオリンピックの厳しさに、
今回もまた胸が痛くなったけれど…
目指していた金メダルには届かなかったけれど…
あなたが、日本の誇る素晴らしいスケーターであることは変わりありません。
感動と勇気をありがとう、真央ちゃん。
ゆっくり休んでね!



さて、「ベランダから下垂させる白バラ、どれにする?」
の続きでございます。


前記事で挙げた4品種のうち、
どれがもっとも環境と要望にマッチしているのか。

もちろん、すぐに買う予定ではありません。
バラ屋敷は一日にして成らず!ビシィッ
今年は近隣のバラ園に行ってみて、
実物があれば確認したいと考えております。

しかしその前に、各品種の詳しい性質を知らなくては。
トムのお勉強ターイム!


①ホワイト・メイディランド

<「オールド・ローズとつるバラ図鑑674」>
系統:S
花径:大
香り:微香
樹形:横張り性だが、枝が少し立ち上がるクライミング。
特徴:オールドローズのような美しいロゼット咲き。
   弁質に優れ花もちがよく、一輪でも見応えがある。
   よく返り咲くので花柄はまめに切る。
初心者向けマークあり。

<趣味の園芸「バラ大百科」>
系統:S
耐病性:普通
花径:6cm
樹高×葉張り:0.5×2m
特徴(抜粋):四季咲き。5月中旬から晩秋まで絶え間なく咲き続ける。
      花もち、花つきがよい。花弁が厚いため、雨に強い。
      地を這うように伸びるので、高所から垂れさせるとよい。
      耐暑性がある。

②アルバ・メイディランド

<「オールド・ローズとつるバラ図鑑674」>
系統:GC
花径:小
香り:微香
樹形:しなやかな枝が人の背丈以上に伸びるクライマー。大型のブッシュになる。
特徴:平咲きの小輪が、常時3~10輪の房咲きとなる。
   枝は這うようによく伸長するので、つるバラとしても利用できる。
   返り咲き。

<趣味の園芸「バラ大百科」>
系統:S
耐病性:とても強い
花径:2cm
葉張り:3m
特徴(抜粋):10輪ほどの房になり、うなだれたように咲くグラウンドカバー向き品種。
      遅咲きだが、四季咲きなので秋まで絶え間なく咲き続ける。
      枝は立ち上がらず、ほふくする。
<「つるバラのすべて」>
樹形:ほふくする枝をもつ樹形。
   枝は細く柔らかく、地表を這うように伸長して開花する。

③スワニー

<「オールド・ローズとつるバラ図鑑674」>
系統:GC
花径:小
香り:微香
樹形:ほぼ水平にほふくして伸びるランブラー。
特徴:繊細な印象の八重咲きの小輪花。
   低く這い広がる樹形。返り咲き。
   枝はしなやかであまり大きくならない。

<趣味の園芸「バラ大百科」>
系統:Min
耐病性:とても強い
花径:5cm
樹高×葉張り:1×2m
特徴(抜粋):白色の丸弁平咲きで、季節により淡桃色に変わる。
      房咲きになり、花つきがよい。
      樹形はほふく性。四季咲き。
      国内では本品種と
      「シー・フォーム」が混同されて流通していることがあるが、
      本品種のほうが花が大きく区別は容易。

④シー・フォーム

<「オールド・ローズとつるバラ図鑑674」>
系統:S
花径:小
香り:微香
樹形:横張り性で株立ちが多く、ブッシュになる。
特徴:八重カップ咲きの中輪花。
   花つきがよく、返り咲き性にもすぐれる。
   しなやかに下垂するような横張りとなる。

<趣味の園芸「バラ大百科」>
系統:S
耐病性:強い
花径:3cm
樹高×葉張り:1.5×2m
特徴(抜粋):小輪八重咲きの花を5~10輪、房状につけ、多花性。
      花もちがよい。四季咲き。
      葉は小さく照り葉で耐病性が強い。
      枝がほふくするように伸びるのでグラウンドカバーとして利用することができる。



以上でございます!ぜぇぜぇ
なんだかおなかいっぱいでございます!

しかし、スワニーとシー・フォームが混同されて流通していることがあるって…
けっこう衝撃でした。
そんなもんなんだー。
ちゃんとしたバラ専門店で買えば大丈夫なんでしょうけどね~。


そ、それで、比較検討は、また次回ッ!
読んでくださる方、いるのかな…
いやまあ、自分のための覚書ですね。
コツコツ、コツコツ


おわび花写真は…

ラナンキュラス「小春日和」、
宿根ネメシア「金魚のワルツ」、
ヘデラ、名無しビオラ。
テーマは「春の野原」です!





↓登録してみました。よろしければポチ、お願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

どれにする?①

本日の記事もといクイズです!
写真を見て、品種を当ててください。














バラの達人はわかるのでしょうか。
初心者マークのトムには、どれもほぼ同じに見えてしまいます。

答えは…

①ホワイト・メイディランド
②アルバ・メイディランド
③スワニー
④シー・フォーム

でした!



で、なぜにこのクイズになったかというと…



ココです。
2階ベランダの外壁です。

木目調のこの部分をウォールガーデンにしたいのです!
つまり、「ベランダ側からバラを下垂させて咲かせる」。
そこで、

「樹高が低く、横に伸び、下垂しても咲く」
かつ
「外壁の色に映える白ないしごく淡いピンクのバラ」
かつ
「遠目に見ることがメインになるので、
花径が大きいか、小さくても房咲きになる」
かつ
「庭ほどお世話ができない可能性があるので、
耐病性にすぐれる」

を条件にして適合品種を調べました。
間違ってたらすいませんセンパイ!
それがクイズの4品種です。


あなたな~ら どうする~♪
あなたな~ら どうする~♪



続きまーす



本日のおわび花。



スカビオサ、ハナカンザシ、
「絵になるスミレ」シリーズのミュール。





↓登録してみました。よろしければポチ、お願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。