5月の箱庭に咲いた花&「娘、滑る。」

みなさま、おはようございます♪


全18種の箱庭バラメンバーのご紹介が済みまして、今度は5月に咲いたほかの花たちをご覧に入れたいと思います
まずはクレマチス。

<アラベラ、5月17日撮影>


控えめですがいい色で、花のサイズも主張しすぎず、どんな種類とも組み合わせてもバッチリ。
今後は地植えにして、「白のジャクリーヌデュプレ」と「濃いローズピンクのレディオブメギンチ」の間に咲かせる予定です

<ビエネッタ、5月17日撮影>




もうね、一目見て「なんだこれは ですよ。
こんなコサージュみたいな造形の花があっていいのか、と。
知るなりすぐポチっちゃったというクレマチスです。

アラベラは新枝咲きなので冬にさっぱりカットしちゃっていいわけですが、こちらは新旧枝咲き。
もう一度、クレマチスの本を読んで剪定を調べておかなくては…。

<ベロニカ「ロイヤルキャンドル」、5月21日撮影>


ひっそりとフェンス際で咲いていたロイヤルキャンドル。
バラの開花時期と合うのかな?と思っていたらかなりの遅咲きで、早咲きさんの二番花とかぶるくらいでした。
でもこのお行儀の良さ、トムは好きだわ…
林立って言うんですかね、本当にまっすぐで姿勢がいいです。
もっと増やそうっと。

<アイビーゼラニウム「トミー」とペチュニア「ドレスアップ ラベンダー」、5月25日撮影>


黒赤というか黒紫というか、とにかく大人っぽい「トミー」と、涼しげなペチュニアの組み合わせ。
この濃淡もなかなかイイ!
トミー姐さんはこの色のおかげで、日差しに当たるとすぐチリチリになっちゃうんですけどね~。
半日蔭のほうが長持ちするのでしょうね。


バラの二番花は、もちろんデュブリュイが一番乗り。

<5月23日撮影>


一番花開花から1ヵ月です。
本当に咲きたがり…すごいよアンタ…。
ひとまわり小ぶりになり、花弁が減り、色も赤みが強いですが、香りはあいかわらず
次々蕾があがっているのですが、うどんこが出ていたので(現在は小康状態)、半分以上摘んでやや養生中です。




応援してくださるみなさまのおかげでがんばれます!
ビギナー・トムの喜怒哀楽に、よろしければ愛のポチを ♪
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村



以下は、「娘、滑る。」の記事になります。
読んでくださる方はずずい~と下へどうぞ♪



前回、娘の習い事について少し触れたのですが…。
今は本当にたくさんのお教室や習い事のレパートリーがあって、4~5個かけもちしているお子さんも少なくないみたいですね。

娘(誕生月は7月)の習い事歴としては、

①4歳の夏(年小クラスの7月)~6歳の春(年長クラスの3月)まで: 体操教室
②5歳の夏(年中クラスの7月)~現在も継続中: 水泳教室
③5歳の春(年中クラスの3月)~現在も継続中: スケート教室

みごとに全部、運動系~
ピアノとか英語とか、情操&お勉強系はまったく入っていない筋肉ぶり。

トムの仕事は現在フルタイムではないと言っても、下の子は保育園だし、習い事に連れて行く手間はけっこう負担…。
なので基本的に、本人が強く望んだものだけ習わせる形です。


体操教室は幼児クラス → 小学生クラスに移行することができたのですが、
・「跳び箱・マット・鉄棒」の3項目が小学生になって困らない程度まで習得できた
・本人のモチベーションが下がってきた
ので、入学を機に辞めることに。


<年度終わりに成果発表会みたいなのがあります>

水泳教室も楽しいようですが、「水泳辞めてスケートの時間を増やしたい」と本人の要望が出始めております
でもクロール&背泳ぎができるまでは続けないと、習ってた意味ないじゃん!と思うので、そこまではやるように、と。


で、スケート。
体験教室では、まず正しい転び方&立ちあがり方から習います。



そしてロボコップ的に歩く練習。



3日間の教室の最終日、生まれたての小鹿のように歩く娘。



この3日間でもね、「センスある子」と「そうでない子」ってはっきりわかるんですよね
娘は明らかに「センスあるほう」ではないカンジ…。
かといって全然ダメ、というわけでもない。
非常に標準的。

なので、「体験だけでなくて(定期の)教室に入りたい」と言われたときは、正直、迷いました。
ピアノやバイオリンなどの楽器もそうですが、スケートも「具体的な区切り」がないですよね。

前述したように、体操や水泳なら、「逆上がりができるようになるまで」「クロールができるようになるまで」といった、一般的に妥当な到達点があるわけです。
そこに達したらとりあえず日常生活としては十分で、あとは辞めるか続けるかは本人の好みでいい。
でも、スケートは…。

「シングルジャンプが全種類跳べるまで」?
いや、チガウチガウ
というかそこまで行けるかもわからないけど、シングル跳べたからなんなの?って世界ですよね。
そもそも日常生活に必要ない技術ですから、「一般的に妥当な到達点」なんか、あるわけないんです。

ちなみに、週1回でやる場合のレッスン料は、通常の習い事価格よりやや高め。
でも、目の玉飛び出るほど、というわけではありません。
痛いのは、「振替が効かない」点ですかね…。
(注: 価格に関しても振替に関しても、娘の通う教室の場合です)

体操・水泳は月に2回まで振替ができたので、用事や体調不良で休んでも気がラクだったのですが、スケートだとまるまる休み損になります

まあ、かように考えどころの多い習い事ではあるのですが。
「とにかく勉強、勉強」という親の方針だったトムの子供時代を振り返ると、勉強も大事だけど、娘には好きなことを好きなだけやらせてあげたいな…という気持ちもあったり。

<習い始めて丸3か月。へっぴり腰ですが、なんとなく滑ってます>


ためしに、インストラクターの先生に質問。
トム 「お教室に通うような子は、やっぱり選手を目指して…ってことですよねえ」
先生 「そんなことないですよ。趣味の範囲で、って方もたくさんいらっしゃいます」

ああ、そうなんだ…
だったら、とりあえず気楽にやらせてみていいのかもしれない。
そのうち飽きて辞めるって言うかもしれないし!
オットにも相談して、週1回の教室に通うことになりました。

<習い始めて8ヶ月。ショートカットの女子は娘ひとり、みんな髪はポニーテールかシニヨン>


始めて1ヶ月…2ヶ月…娘はわりと体が丈夫で、病欠もほぼなく、マジメにやっておりました。
肘と膝のサポーターが要らなくなり、ヘルメットが要らなくなり、練習着が欲しいと言うので誕生日に買ってやり…習い始めて1年。
来たんです、「頭打ち」が…!!!


今後に続きます…




応援してくださるみなさまのおかげでがんばれます!
ビギナー・トムの喜怒哀楽に、よろしければ愛のポチを ♪
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

ぐるぐる~、巻き巻き~ -スティックトピアリー-

みなさま、おはようございます♪
本日は予約投稿。
仕事関係で1日中、みなとみらいへ行っております~


さて前回記事で、ペチュニアとラベンダーの苗が届いたことをお知らせしましたが、いっしょに届いたものがあるんです。
それはこれ。


<例によって園芸ネットさんからお借りしております>

「スティックトピアリー」です
オベリスクとの違いがよくわからないんですけど…棒(支柱)だけなのがトピアリー、縦横の構造があって塔型なのがオベリスクなのかな?

4本の脚をぐいっと広げて鉢に挿すだけです。
使うのはクレマチス2種、「アラベラ」と「ビエネッタ」。


<アラベラ>


<ビエネッタ>

…どちらも背景に溶け込んで、大変見にくく申しわけありませんっ


なんというか、クレマチスがこんなに短期間でぐんぐん伸びるものだとは知らず。
だって、アラベラなんてこうだったのに。

<2015年1月30日撮影 ただの枯れ枝>


恐るべし、新枝咲き。
ビエネッタは新旧枝咲きで、アラベラより成長スピードは遅い感じです。
それでもほっそい枝がクネクネたくさん出てきて、短い支柱を組み合わせて作った「なんちゃってオベリスク」には巻ききれなくなっていたものですから、ちゃんとした構造物が欲しかったのです~

ぐるぐる、巻き巻き…しているうちに枝を数本折ってしまいました 、ドンマイ!
蕾のようすを見ていると、バラの開花期に重なってくれそうなので、期待が高まります☆




誘引したつるバラの枝に葉が茂り出すさまは、なんとも言えず美しいです。
「構造物と植物が一体化した風景」ってものすごくワクワクする…
うっそうとしてきた庭を見てオットは「…なんか、ラピュタみたい」と言いましたが、あの景色も素晴らしいものですよね!
我が家が廃墟みたいになっては困りますけど
秩序を感じる無秩序というか、無造作ふうなんだけれどまとまりのある庭に、いつかなったらいいなあ…。







応援してくださるみなさまのおかげでがんばれます!
ビギナー・トムの喜怒哀楽に、よろしければ愛のポチを ♪
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

久々のひとめぼれ -カートマニー・ジョー-

みなさま、こんにちは♪

先日、寄せ植えの苗を買ったお店で、トムは久々にひとめぼれをしてしまったのでございます… ← ひとめぼれの顔ではない…ですけどこんな感じでした


バラにハマり始めた頃はひとめぼれの連続。
見るバラ見るバラどれもかわいくて、マウスクリック連打を抑えるのがどれだけ大変だったことか…。

しかしトムはもう、そんなウブな園芸乙女 ではありませんことよ?
確たる好みと箱庭の環境を考慮して、理性のもとにバラ様を選択することがたぶん、ほぼできますわ!

そんなトムが思いがけず胸を撃ち抜かれてしまった、それは…こちら。



クレマチス「カートマニー・ジョー」です

店頭で見た苗は温室からいらしたんでしょうか、もっとたわわに咲いておりました。



こんなふうに。
この、白い星がぎっしりきらめくような姿にずきゅん…

もう寄せ植え用の苗をカゴに入れていたし、とりあえずいったん考える時間を持たなくては!とその場は帰ったんですけどね。
翌日にはもうポチってましたよ

すごい早咲きだそうなので、バラ様の前に拝む花があるのはとてもうれしいです。
うふふ♪




うれしいと言えば、こんなお客様も。
いいぞ!友達もたくさん連れてきて!



ベロニカ オックスフォードブルーの青、好きですねえ…。
もっとぺたんと広がるのかと思っていたのですが、少し立ち上がりがあります。


春まっさかりに向かって、徐々に加速…していってくれるといいな!






応援してくださるみなさまのおかげでがんばれます!
ビギナー・トムの喜怒哀楽に、よろしければ愛のポチを ♪
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

今年やりたいこと その3 -クレマチスに挑戦!-

みなさま、こんにちは♪

インフルエンザだった娘、ようやく回復しました。
それほど高い熱は出なかったんですけど、37度後半がだらだら続いて…後半はパワーを持て余し、家庭内での取り扱いに苦労しましたです…

娘以外の家族は発症をまぬがれ、なんとかやり過ごしたので、お祝いに



今年も無事に出会えたプリムラ「ゼブラブルー」!
昨年と同じように白いアリッサムと寄せ植えたいと思います。



北欧のお皿みたいな色合いとデザインで、大好き


さてさて、今年やりたいことの3つめは、クレマチスです。

バラをやってらっしゃる方は、クレマチスとクリスマスローズにも造詣が深いことが多いですよね。
バラと組み合わせるクレマチス、バラの咲かない冬~早春を彩るクリスマスローズ…。
バラを育て始めてすぐに、この園芸界の両巨頭については本などを通し知ることになりました。

それでも…ですね。
最近まで、「わたしはどっちもやらないもん、バラだけでいいんだもん!」と思っていたのでございます。
スペースに限りがありますし、できるだけたくさんバラを育てたいという希望もありましたし。
それが、以前当方でもご紹介させていただいたぱあこ様のブログで、出会ってしまったのであります…!!!


<「クレマチス -育て方から最新品種まで-」 別冊NHK趣味の園芸より>

フロリダ系「ビエネッタ」。
かっ…かわいい…
こんなクレマチスもあるんだー!と。
で、昨年9月にお迎えしまして、新旧枝咲きということだし管理もよくわからないので、まずは鉢植えにしています。
ああ春が楽しみ…

その後、上述の「クレマチス」本を眺めながら少し学んだりしたトム。
「(クレマチス用の)土、まだ余ってるし♪
ということで、もう1品種、お迎えすることにしたんです。

・管理が楽な新枝咲き
・色は青系、なるべく薄め

この条件で、こちらをチョイス。



上品な色に、まつげぱっちり♪



インテグリフォリア系「アラベラ」でございます。
それほど伸びないタイプで、グランドカバー風にもできるし、誘引しても小さなスペースに向いた仕立てができるそう。
どのバラ様の横に置いても合いそうな色

こちらも鉢で咲かせて開花期のチェックをして、配置を決めたいと考えています。
で、数年してクレマチスの管理に慣れてきたら、あと1、2品種欲しいわあ…なんて


園芸界、恐ろしいですね
いろんな穴が開いてて、うっかりハマると底なし…。
いや、でも「バラもやりつくすと原種に戻る」みたいな記事を読んだことがあるし、気が済むまでやったらエンドポイントがあるのかな?
トムのエンドポイントは、果たしてどこにあるのか。
これからも旅は続くのでありました







応援してくださるみなさまのおかげでがんばれます!
ビギナー・トムの喜怒哀楽に、よろしければ愛のポチを ♪
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用