スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたし、どうしたらいいの…? -ベルガモの将来を考える-

みなさま、おはようございます!

梅雨に入る前のこの時季、バラの枝抜きを済ませました。
今年はまだ黒点は目立ちませんが、うどんこがチラホラ…納豆菌(有機100%)の出番だわ!
またシュワちゃんになって噴霧しなくちゃ~


えー、本日のご紹介は大輪ミニバラ「ベルガモフォーエバー」です…。
ってなんで「…」がつくような、勢いのない紹介になりますかというと。

<5月4日>


蕾の付きはじめの写真がありません。ほころびかけたこれが最初の1枚。
そういうの、たぶんベルガモだけ…

だっ、だってベルガモったら、ちっとも白くなってくれないんだものっ!
初心を忘れちゃってるんだものっっっ

<これが「初心」、お迎えしたての2013年春>





これまで何度も書いておりますし、これから何百回 ←オオゲサ でも書くかもしれませんが、ベルカモが白バラとして咲いたのはこれが最初で最後。
あとはね、「クリーム色~ほぼ黄色のバラ」なんですよう~
退色?して白っぽくなることはあっても、初心に戻って完全な白バラになったことはありませぬ。

<5月7日>


しかし今年は例年と置き場所を変えたせいか、いつもより若干白い感じはします。

 「置き場所を変えただけ?トムさん、今年こそ日よけテント作るって言ってなかった?」

ウッ
奥様、覚えておいででしたのね…。

ええ、寒冷紗は買ってありまして、支柱もありますから、作ることはできたはずなんですけど…今年もサボっちゃったYO HAHAHA~

<5月8日>


形はまことに端正で、美しいバラです。
これで…これでもっと白く咲いてさえくれれば…っ。

<5月9日>


冬のチェックで8号での根張りがイマイチだったので7号に替え、剪定でかなり枝を絞った気がするのですが、それでもわっさーと茂って、次々咲きました。

<5月10日>


背景のロベリア「ホットタイガー」との組み合わせはなかなかよかったです。

<5月12日>




あとに咲くものほど、色が濃くなってきました。
か、形はいいのにな~…

<5月15日>


花もちはよく、花弁がしっかりしているので傷みも少ないです。
とにかく樹勢が強いし、うどんこは出ず。
黒星病にはなりますが、それでガクッと弱るということもなく、基本的に手間のかからない品種でございます。


以前、購入元のセントラルローズさんに白さについて質問したところ、「蕾がついてから遮光すれば白くなると思う」とのことだったので去年は日傘を立てかけてみましたが、あまり変わらず。
やっぱり、日よけテントも作らなきゃな

あとは、強さを信じて株を深くカットし、小さめの株に仕立てるっていうのもやってみようかと思ってはいるのです。
思うような色に咲かないのにわりと場所をとってるので…まあ、ベルガモが悪いわけではないんですけどね…。

今年は実験の年とし、やれることはやってみて、来年春にやっぱり白くならなければ里子に出したいと思っております。
このブログをご覧になっていて、「この色でもいいじゃない!もしくれるんなら、いただいてもいいわ♪」という方がいらっしゃれば、現時点で確約ではないのですが、念頭に置いていてくださるとそのうち里親募集の告知が出るかもしれません

とりあえず、近々がっつりカットしてみます!







応援してくださるみなさまのおかげでがんばれます!
ビギナー・トムの喜怒哀楽に、よろしければ愛のポチを ♪
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

2014 夏剪定記録 -ベルガモフォーエバー-

みなさま、おはようございます!

晴れ間が少なく、すきっとしない天気が続きますヨコハマ。
涼しいのはいいんですけどねえ…

また改めてご報告いたしますが、トムの箱庭では、この雨によりふたたび白い悪魔がよみがえってしまったんです…
通常、ロザリアンにとって「白い悪魔」と言えばうどんこ病ですよね。
トムもロザリアンの末席に連なっているつもりではあるのですが、我が家における白い悪魔とは「白絹病」、白絹病なんでございますよ!
そちらについては、もしご興味があれば、こちらの記事をご覧くださいませ


さて夏剪定、お次はベルガモフォーエバー。

<剪定前>

65cm×60cm。
ミニバラとは思えないサイズです。鉢も8号ですし
でもこのへんが伸び止まりかなとは思います。

<剪定後>

ハイ、かなりさっぱりしました。


8号鉢でも、もしかしてちょっと小さい?と感じてしまうイキオイのベルガモ様。
ちょっと足元を失礼しますよ~?



まあ、いい林

ってくらいベイサルシュートが乱立。
同じ向きに押し合ってるものも多かったので、ベイサルを間引くという初心者には手の震えるような作業をしてしまいました
もちろん古い枝を優先的に処理するようにはしたんですが、それでも混んじゃってて収拾のつかない感じだったんです…。
秋花はどうなりますことやら。


そうそう、「足元」と言うなら、コンテナコーナーでも。



夏に枯れたミオソティス・ミオマルクの足元に、こぼれダネから発芽したと思われる芽が!



こっちにも~

トレニアにいたっては、



びっしりです  下葉がお見苦しくて申し訳ナイ


えーと、こういうのって、掘りあげてとりあえずビニールポットに移せばいいのかしらん?
思わぬところで増えたり減ったり…園芸道は深く果てしないですなあ…







応援、ありがとうございます♪
みなさまのおかげでがんばれます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

2014春 総括③「ベルガモフォーエバー」

みなさま、こんにちは

突然ですが、トムは、先日こんな夢を見ました。

よく晴れた日。
トムは外出の予定があり、オットに子らをまかせて出かけていく…というところから始まります。
バラ様たちに目をやると、なんだかうなだれ加減?気のせい?
ああ、でも時間がない、もう行かなくちゃ…すぐ帰ってくるから、そしたら水やりをしよう…。

トムが不在となった箱庭。
しかしトムの視点は天上にあり、箱庭を眺めおろしています。
そんな箱庭に、ひとりの紳士が。
その紳士こそ、かの有名なローズアドバイザー・「有○薫」先生だったのです…!

簡単に美しく咲かせる バラのコンテナガーデン簡単に美しく咲かせる バラのコンテナガーデン
(2004/09/30)
有島 薫

商品詳細を見る

<顔写真を出すのははばかられるので、ご著書を>

有○先生はバラ様たちを一通り見渡して何事かおっしゃいます。
でもトムには聞こえない…。

…気がつくとトムは帰宅していて、バラ様たちのお世話をしようとジョウロを手にします。
そして箱庭のバラエリアに向かうと、なんと、なんと…
バラすべてがゲンコツ剪定されているではありませんか!!!

呆然とするトム…は呆然としたまま目を覚まし、夢であったことを知りましたが、衝撃の余韻はその日一日続いたのでした…。チャンチャン♪

こんな夢を見るなんて、トムも真のロザリアンのはしくれとして認められた(?)のでしょうか
いやー、しかしものすごい衝撃だったなあ…。


とまあ、そんな話は置いておきまして。
前回に続き今回もミニバラ。「ベルガモフォーエバー」でございます!


[基礎データ]
Min
耐病性 公式データとしては掲載されていないが、強健と思われる
開花 完全四季咲き
花径 8~10cm
花形 丸弁咲き
香り 微香
作出 デンマーク Roses Forever社

(一部、セントラルローズ公式サイトより)

[箱庭での栽培環境]
南東向き
日向
風通し良好
軒下(ただし強雨や風のある場合は濡れる)

[経過]
2013年
3月28日 鉢苗として到着(セントラルローズでネット購入)
8月30日 夏剪定
2014年
1月5日 葉むしり完了
1月30日 冬剪定
2月下旬 萌芽
4月下旬 蕾を確認
5月11-12日 一番花開花

[冬剪定]

<剪定前>

<剪定後>

<翌春>

真正面からの全体像を撮り忘れた…
もしや黄色く咲いたのは愛情不足!?ゴメン、ゴメンヨー

[病害虫]
2013年 黒星病なし。秋に数枚の葉がうどんこっぽくなったが、薬剤散布1回で治癒。
虫による葉の食害は多め。アブラムシは見かけず。
スリップスは多い。

<2013年春>


[現況(一番花切り戻し後)]
8号鉢 (リッチェルカラーバリエ)
樹高 50cm
枝張り 65cm

[その他]
・夏剪定はチュチュと同じ日にしたけれど、開花はチュチュよりだいぶん遅れた(記憶)。
 花つきや、蕾が上がってから開花までの間隔は、やはりミニと言うより大バラの感じ…。
 いちおう、調べてみたミニバラの定義を記しておきます。
<ミニバラの定義>
 ①樹高50cm以下
 ②花径5cm以下
 ③ロサ・キネンシス・ミニマの系統を引く
 条件を1個でも満たせばいいのか、2個ないし3個満たすものをミニと呼ぶのかは不明。
・丈夫で花もちがよく、葉を虫に多少食われてもまったく影響なし。
 そんな健康優良児・ベルガモの(トム的)課題は、とにかく「白く咲かす」こと!
 ガクが開き始めたら即日陰、を実践して、白く咲くか実験してみなければ~
 ほかにもいくつか、花色の調節のために日陰が必要と思われる品種があるので、日陰を作る工作をする…予定…

<2013 春>

<2014 春>

も、もう一声!もう一声の白さなのよー!





にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

ミニの白バラ王に、俺はなる! -ベルガモフォーエバー-

みなさま、おコンニチハ

開花が続く中、何度か雨が降っておりますヨコハマ。
トムの箱庭では玄関脇の軒下をバラエリアにしておりますが、軒があまり深くないので、雨が強かったり風を伴ったりすると花弁が雨で多少傷みます
ま、コンテストに出すわけじゃなし、染みができたとて大勢に影響はありませんが、やはり「かわいい子の顔に傷はつけたくない」オヤゴコロ…。
そうは言っても屋内に鉢を取りこむスペースはございませんので、雨の間は気を揉むだけです
いけないわ~、バラ育ても子育てもおおらかでなくっちゃね~


さて、お次の開花報告はミニバラ「ベルガモフォーエバー」。
昨年春、チュチュオプティマでバラにハマり、直後にネットで購入した白バラです。

2013年3月中旬~下旬




なんとも清らかでみずみずしいお顔!
ミニバラの中でも大輪系とされているだけあって、最大径9cm前後で咲いています。


「ハイ、いいですかぁ~、ここテストに出ますよ~!覚えておくんだぞぉ~!」
えっ、テストに出る!?
メモメモ
「白くみずみずしい顔」、と…。

2013年は、虫には標準的に好かれていましたが、チュチュがこてんぱんにやられたハダニはほとんどつかず。
病気は、ごくわずかにうどんこっぽくなりましたが、数枚の葉にちょっぴり出ただけで、すぐ治まってしまいました。
◎の健康優良児で樹勢も強く、ぐいぐい大きくなって、冬の鉢替えでは8号に。


2014年2月25日

萌芽はチュチュに次いで早くみられました。

3月15日

あまりにも芽が多かったので、がっつり芽かき。
やりすぎたか?と冷や汗をかいたものの…

4月29日

芽かき足りなかったと思うほど葉がみっしりになり、4月中旬に枝抜きしつつ触知した小さな蕾が、下旬には側蕾つきでぷっくり

5月3日

ガクに隙間ができてきて

5月7日

全貌が明らかに。

5月9日

外側の花弁が開いてきました!
なんだかハイブリッドティーのようなお姿です

5月10日

きりりと美しく…

5月12日

来ましたベルガモフォーエバー最大径10cm強
クイーンより大きいです

ミニバラより大きく大バラより小さいのを「パティオローズ」と呼んでいる本をみかけましたが、ベルガモもそのくくりに入ってしまうような…?
とにかく安定して9cm以上で咲いています。

5月13日

しべが見えて完成。


♪キーンコーン カーンコーン♪
ガラッ


「みんなぁ~、席に着けぇ~。テストを始めるぞぉ~!」

「問: ベルガモフォーエバーは何色のバラか答えよ。(10点)」

カンタンカンタン、さっきまで見てたもん!ラッキー!

「答え:クリーム色(薄い黄色)」



「こんっ、ばかちんが!ベルガモは、白でしょぉ~!!!

そっ、そうだった!
ノートにはそう書いてあった…というか去年の春は確かに白バラだったんだわ…。

でもねえ。

2013年4月16日

2013年10月12日


一番花以外はみなクリーム色。秋もクリーム色。
買ったときに咲いていた花、もしくは蕾しか白くなかったんです。つまりナーセリーで管理されていた部分ということですよね。
3月にもう蕾つきだったということは温室育ちのハズ。
紫外線量とか、コツがあるのだろうか…。

花つきはそれほどよくなく、次から次へ咲くタイプではないのですが、花もちはすばらしくいいです。
昨年はさわやかなティーっぽい香りがうっすらしましたが、今年は渋茶の香りでした

う~~~ん、なんとかしてまた白い花が見たいなあ…。
セントラルローズさんに聞いてみようかしら

ちなみに、この「クリームバージョン」ベルガモのソックリさんがいます。
こちらです!


<ハイブリッドティー「エリナ」>
どの本で見ても、写真だけでは区別がつかないほど似ています

もー、白く咲かないとこれからエリナって呼んじゃうぞー


<追記(2014.5.17)>

「ベルガモを白く咲かせたい」件についてセントラルローズさんにうかがったところ、お返事をいただきました

「クリーム色~黄色に近い色になってしまうのは、日射量が多い為、濃い色が出てしまいます。
白色に咲かせる方法と致しましては蕾が膨らみ、色が少し見えてくるまでは今までと同じ日当たりの良い場所に置いて頂き、
色が見え始めたら日陰に置いて頂ければ白色のお花が咲いてくると思います。」

とのことです。
よっしゃあトライだ!





にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

TAG : ベルガモフォーエバー

白き貴公子

チュチュに魅了されて数日後、わたしは子らを寝かしつけたあと、
ふとんの中でiPhoneをいじっていました。
夜な夜なバラ関連サイトをサーフィン…そして物色…。

四肢の隅々までバラウイルスに侵されたトム。
とにかくバラがほしくてたまりません。

「いいバラはないか…いいバラは…」

チュチュは、買ったとき、品種を書いたタグがついていませんでした。
ただ、ラッピングに「セントラルローズ」という名前が。
そこから検索し、セントラルローズさんのHPにたどりついたのです。

あるわあるわ、色とりどりのミニバラたち。
ひととおり見てみて、わたしがポチッたのがこれ。
ber1.jpg
ベルガモフォーエバーです。

大輪系ミニバラ…って大きいの、小さいの???
でも届いてわかりました。
「アナタ、大きい…!

チュチュと比べたら一目瞭然でした。まさに大輪。
確か、チュチュが4cmくらい、ベルガモは7~8㎝くらいだったかなあ。
ber2.jpg
「薄くグリーンがかる白バラ」ということですが、グリーンというよりほぼベージュの黄緑が、ほんの少しって感じ。
ber3.jpg
堂々たる横顔です。
チュチュが可憐な少女なら、こちらは気品漂う貴公子
ber4.jpg
美少年しかいない全寮制学校のように咲いたり…
ber5.jpg
変形ロゼットで個性的に咲いたり…
ber6.jpg
バームロールのようなクリーム色で咲いたり。

花型はいつも整っていて、夏も平咲きになったりしなかったようなキオクが…。
でも、胸を張って白バラと言えたのは一番花だけ。
あとは「うす~い黄バラじゃね?」と言いたくなる濃さでした。

しかしハダニはほとんどつかず、ごくわずかにうどんこになりましたが蔓延せず。
ぐんぐん茂る優等生…ビギナーにうってつけのバラですね。

今年の春は、「白バラ」をたくさん見せてほしいです。
がんばれベルガモ!




↓登録してみました。よろしければポチ、お願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : バラが好き! - ジャンル : 趣味・実用

TAG : バラ ベルガモフォーエバー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。