スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もニュアンスカラー♪ -カルロスティエラ-

おはようございまーす
ここ数日、くもり~雨のトム宅@横浜です。

本日はマム「カルロスティエラ」開花のご報告。

<10月29日撮影>


白飛びしちゃってますが
全体の半分弱くらいが開花しております。
蕾そのものはかなり前から確認できていたのですが…菊って開花までにすっごく時間がかかるんですね~。

この「カルロスティエラ」は昨年9月初旬に、開花した苗を買ってきたもの。
それを戸外で越冬させ、春にめっちゃ茂ってきたところを3本挿し芽して株を更新しました。



ピンクなのですが、すこーしモーヴがかっているというか、ニュアンスカラーです

ちなみに、品種紹介写真はこう。


<精興園さんからお借りしました>

本来は全体がピンクになるようですが、買ってきた時点では「中心部が薄いピンク→辺縁が白までのグラデーション」。
トムはそのグラデーションが気に入って購入したので、あとでこの紹介写真を見たときはたまげたものですよ…



我が家ではこんなだったり、



ほとんど白、という花も。
日照条件なのかな?
秋冬は午前から3-4時間程度の日当たり、という場所に置いています。
それとも肥料の加減なのか。



咲きかけの写真を見返してみると、ピンクが濃いめですね。
開花につれて退色するのかしら?
なんにしても、白っぽい色合いがかわいいから、それでヨシ


株の更新のやり方は分かったので、来年の課題は「虫害(バッタによる食害)をいかに減らすか」です
いや~、トムんちね、毎年バッタがわんさか出てくるんですけど、メッタメタにやられる植物ってありますよね
箱庭では圧倒的にダリアとマムです。
ひまわりもやられてたけど、そこまでではなかった…。
アズーロコンパクトなんかは被害なかったし。
ニームは使用していましたが、あまり効き目ナシ。

まあ、適切な時期に適切な薬剤を散布すればいいのですが、バッタってなんか駆除するのも不自然な感じの生き物じゃありませんか?



トムの息子もお世話になっているこのヒトたちの原型(?)でもあるし…。

なので、来年はトウガラシとかニンニクとか使う自家製の忌避薬を作ってみようかと思っております。
効くかなあ?






応援してくださるみなさまのおかげでがんばれます!
ビギナー・トムの喜怒哀楽に、よろしければ愛のポチを ♪
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

マム「カルロスティエラ」

みなさま、こんにちは
本日は、トム宅のマムについて記します。


園芸1年目の秋、コンテナガーデンにいらしたのは、こちら。


ラベルには「カルロスティエラ」という品種名と、写真が載っていたのですが…



ラベル間違い?

うちに来た苗は、ピンク色が中心に入ってるけど、どう見ても白が主体。
ミニバラお嬢のチュチュで、同じ株でもカラーバリエーションの幅が広くなることは経験していましたが、それにしたって…。

我が家に迎えた当初(9月初旬)に咲いていた花を切ったあと、次の花を見るまでだいぶ間が空いた(11月初旬)のですが、二番花はこんな感じに咲きました。



一番花よりピンクなんですが、ニュアンスカラーというか、ちょっと深みのあるピンクなんです。
この色にトムはバンザイ
いいじゃんいいじゃん、写真よりかわいいじゃん!

花もちもよく、12月初旬くらいまで咲いていたような…。
そのあと地際まで切って、まったくの戸外にて冬越し。
2月下旬に芽を確認して、現在はこうです。



このあと手入れはどうすんだ?と思い、手持ちの本で確認しましたら、
「春先に地下茎の芽がたくさん発芽するが、そのまま成長すると風通しを妨げ、下葉が見苦しくなる。
病気や害虫の原因にもなるので、春に挿し木をして株を更新させるといいだろう」
とのこと。

挿し木…。

やるならトムには初挑戦。
ゼラニウムも増やしたいと思ってるので、今年は挿し木(挿し芽)元年としてがんばろうかなあ…どきどき





よろしければ、新米ガーデナーに応援のポチ、お願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

TAG : マム カルロスティエラ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。