美のクローン化計画 -アイビーゼラニウム「トミー」-

みなさま、こんにちは
ここ数日はしっとりしたお天気…あじさいがひときわ美しく見えますね。

青に紫、日陰でほのかに光るようなあじさいを指さして、息子(2歳半)が言いました。
「あ、バラ!バラだね~!」と…。

チューリップを見てもガーベラを見ても、息子は「バラだ」と言います。
そう、彼にとっては、「花=バラ」なのです!
トムの早期教育、成功(?)
将来は立派なバラ育種家になる…かもしれない…。


クイーンオブスウェーデンの二番花が雨に濡れて…美しいッ!





やはり清楚で品のあるたたずまい
一番花も二番花も、ぽつりぽつりと咲く感じでしたが、来春はまとまって咲いてくださるといいなあ…。
それには夏から秋にかけての体調管理がすべてですね。
がんばろー


「あら?美しい美しいって…わたくしのほうを見ておっしゃっていただけません?」

その声は…



お姉様ことアイビーゼラニウム「(叶)トミー」様!

あいかわらずシックでオトナの魅力…
のびのびとお育ちになって、自由奔放な枝ぶりを誇示していらっしゃいます。


<エボルブルス「ブルーシエル」を威嚇 誘惑するお姉様>


1株でも庭のポイントになって素敵ですけれど、もっと群れ咲いてくださると迫力が増しますわね?
トム博士は実験に着手した…それは「美のクローン化計画」!つまりは挿し木



今回参考にさせていただいたのは、ヨッチー様のメソッド
「枝を切ったあと、切り口を少し乾燥させる」ということで、紙袋の中に入れて1日置きました。



また、「根が浅いので、途中で植え替えると失敗することも多い。最初から定植場所に挿したほうが効率がいいのでは」ということでしたので、マダムアルディが入っていた容量多めの縦長黒硬質ポットに3本を in。

本当は、ヨーロッパの窓辺のように横長の大きめコンテナにぎっしり…というスタイルにしたかったのですが、思い立ったときにそういう鉢がなかったので、とりあえずこれで行こうかと

これで根付いてくれれば、お姉様がたくさん…。



しゃ、社交界?サロン?
いずれにしても華やかだわ~…





応援、ありがとうございます♪
みなさまのおかげでがんばれます!
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

春のお買いもの♪②

こんなチラシ、入ってました。



52円…ハンパで落ちつかない!!!
しかたないんですけどねえ。ぶうぶう


ま、消費税のことは横に置いておきまして。
改めまして、みなさまこんにちは!
トムの春のお買いもの、続編でございます!


以前の記事で、トムは「青と紫が好き!」と申しあげました。
箱庭は「ブルー&ホワイトガーデン」を目指す、とも申しあげました。
これは天地神明に誓って 時事ネタ… 真実であります!キリッ

しかし、淡い色のみだと、ぼやけた印象になってしまう。
だから「さし色」を効果的に使うとよい…というのは、定説でございますね。
ファッションも同じく。
モノトーン+目立つさし色、というパターンがパリジェンヌの定番だとか。

え?何が言いたいのかですって?


それは、ニューカマー No.3が



青でも紫でも白でもないやんけ!

ってことなんです

ハイ、こちらアイビーゼラニウムの「シビル」シスターズ。
黒いほうが姉の「トミー」、赤いほうが妹の「サリー」です!

トムは、箱庭のさし色を「赤黒」にしたいのですわ~。
だからこの姉妹をお買いあげでも、
ブルーガーデンを愛するブルーニスト(?)として矛盾はないのですわ~。


美人姉妹は、先日までローズマリーさんとキャットミントさんがいらした、
おそろいの6号鉢に入っていただきました。

<姉・トミー>


ああ、黒くてシック…オトナの女性だわ…うっとり
去年からずっと狙ってたんですよー。
大切にお育てしますわ~。
乾き気味の管理がよろしいんでしたわね…。

<妹・サリー>

お姉さんに比べて派手ですが、深みのあるボルドー色で、やはりオトナ。
うんうん、キレイ~


はっ!
オトナの美人姉妹…叶姉妹!?

では…本日より、
トミー・シビル改め「叶トミー」、
サリー・シビル改め「叶サリー」といたしますっ。

グッドルッキングガイのいない狭小トム宅で申し訳ありませんが、
どうかあでやかに咲き誇ってくださいまし!





よろしければ、新米ガーデナーに応援のポチ、お願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

TAG : アイビーゼラニウム トミー サリー